キノコ・古代ロマン
神戸外大のある神戸研究学園都市内(神戸市西区)の高地性集落遺跡「頭高山遺跡」より発掘された「キノコ型土製品」は祭祀具と考えられている。
f0169942_954572.jpg

f0169942_9573665.jpg f0169942_95816100.jpgf0169942_100287.jpg
謎の多い高地性集落と祭祀具・キノコ型土製品
高地性集落は弥生時代中期以降、水田耕作に適した沖積地から離れ、日常生活には敢えて当時不便と考えられる丘陵地に生まれた集落、神戸では表六甲地域とここ西区に集中している。この様な遺跡が市内で多く発見されているが、その後の古墳時代になるとぱったりと居住しなくなっていることもあり、本当に特異な集落形態であるという、当時和国は混乱していた、との事から当時の戦乱を避けて集落が作られたのではと考えられてはいるが、実際に戦乱にあい攻め込まれて消滅した形跡もなく、その発生や消滅の理由もほとんど解明されておらず謎のまま。遺跡では農耕用具は発見されず、(高地なのに)蛸壺漁用の品など海に関するものが発見されていたり、又祭祀具は多く(この遺跡ではないが、周辺他遺跡には全国的にも珍しい一対の銅鐸鋳型も)発見されていて、興味がつのる。このキノコ型の土製品もそういった祭祀具の一種と考えられているが、その使用法等がどんなものだったかは、銅鐸同様解っていない。
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-08-16 10:34
昨年11月に原作を読んで以来、是非みたい!とリクエストしていた60年代ロシア・カルトムービー。ゴーゴリー原作、「ヴィイ」邦題『妖婆死棺の呪い』とうとう見る事ができたのですが、なんと最後の10分が機材の調子が悪くて断念。しかし想像以上におもしろくて、次回も必ず見ると云う事で今回は終了!中断して今日は韓国食材をいっぱい頂きました!
f0169942_20113316.jpgf0169942_20123148.jpg
ウクライナののどかな風景、のほほーんとした登場人物達、謎の老婆はなんと魔女!しかも本当は美女だった? 神学生ホマーは受難続き!結界の外ホマーを実力で(?)攻撃する美女。
f0169942_20183181.jpgf0169942_20191477.jpgf0169942_2021292.jpg
f0169942_20161850.jpgf0169942_20221923.jpgf0169942_2017160.jpg
今日のおたのしみメニューは韓国料理、写真に撮れなかったけどサムゲタンもありました、滋養強壮!で夏バテ解消。お酒も韓国のお酒マッコリが出ました。
[PR]
8月もきづくともう9日!更新が滞っておりました!皆様いかがお過ごしでしょうか。今日9日はムックきのこ観察会IN鞍馬でしたが、管理人は朝起きる事が出来ず欠席してしまいました!しかしお陰で夕方からのギャラリーでの映画の会にはばっちり参加できたので、その模様は近日に。とりいそぎ、ギャラリーのきのこグッズの一部をご紹介~。皆さん暑い毎日ですが、ご自愛下さいませ、ギャラリーきのこ・おしらせブログも是非よろしくの願いをこめて・・・引き続き「きのこ・ロシア・映画」で当ブログをお伝えし続けたいと思います。
きのこ・きのこ・きのこ
f0169942_2395772.jpgf0169942_23103790.jpgf0169942_23115252.jpg
f0169942_23141918.jpgf0169942_23153289.jpg
f0169942_23165748.jpgf0169942_23132337.jpg
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-08-09 23:28
7月一杯、ジュンク堂書店大阪本店の2階にてロシアフェア実施中
「ギャラリーきのこ」もロシアきのこグッズ(グジェリ焼き)ほか出品させて頂いてます!
ようやく管理人もフェアの様子を見る事ができました、フロアの方にご了解を得け、
フェアの模様をアップさせて頂きます!
-------------------------------------
ムックきのこ」バックナンバーもずらり!可愛いきのこ表紙が好評です!
f0169942_18503730.jpgf0169942_18591122.jpg
なんと、「ムックきのこ」のバックナンバーもいつもの生物学専門誌フロア(意外?)から移動して展示して頂けてます!(写真上)そしてロシア民話絵本やチェブラーシカの絵本に交じって千恵先生の本も!(写真下)
『ソヴェート映画史-七つの時代-』
ネーヤ・ゾールカヤ著 扇千恵訳、ロシア映画社、2001年3月
f0169942_18573540.jpgf0169942_1901019.jpg
フェアの全景、ギャラリーでもあつかっているロシア産はちみつとグジェリ焼きのきのこグッズ。 f0169942_18491789.jpgf0169942_19111642.jpg
かわいらしいマトリョーシカグッズやその他ロシア気分が高まるポスターやサモワールまで(これは多分非売品)あって可愛らしいコーナーに仕上がっていて管理人も感激。さりげなく、「ギャラリーきのこ」のおしらせも設置させて頂いてます!「ムックきのこ」のバックナンバーも見やすく展示して下さってて大感激。(フェア後も通常の生物学コーナーで引き続き取扱予定)皆さんも残り少ない期間となりますが、是非 会場にお立ち寄り下さい!
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-07-26 19:28 | ロシア

”この間お話ししていた札幌の居酒屋さんです。「きのこの晴れぶたい」”
http://kinokobuta.com/
今月のボリスさんの会では通訳も担当下さいました、いつも、映画の会やその他でお世話になっている神戸大学の楯岡先生、ロシア情報だけでなく、いつも楽しいきのこ情報までも!ギャラリーへのお土産に今回も「きのこ情報」をゲットしてきて下さいました!管理人大感謝!本当にいつも感謝なのです!(しかし、まだまだもっと頂くぞと野望に燃えている管理人だったりする)
今回はなんと北海道での「きのこ情報」&「きのこトートバッグ」ボリスさんの会の時、お約束下さってた居酒屋さんの写真を送って頂けましたよー!と言う訳で皆さんにもご紹介!
ジャ・ジャーン!「きのこの晴れぶたい」(札幌)f0169942_1933293.jpgf0169942_1934481.jpg
なんと北海道産のきのこ料理も豊富な居酒屋さんのようです、”店名 きのこの晴れぶたい にも由来している、「きのこ」と「ぶた」。名前のとおり、当店は「きのこ」と「ぶた」を中心にした料理をお出ししています。”という居酒屋さん、北海道産にこだわりあり、という事。ウインドーにはキノコグッズも沢山!うーん、これは是非行ってみたいぞ!
きのこトートバック
f0169942_1931267.jpgf0169942_19315978.jpg
こちらは、きのこトートバッグ。裏側もしっかりきのこ柄です!これも多分北海道で発見の模様、
可愛い!。 
本当にありがとうございます!
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-07-23 19:57
★見て下さい!この立派な乾燥ポルチーニ!ロシア産です。
日曜ランチの蕎麦の実カーシャにも使ってるんですよー。
すごく、良い香りでした。パッケージもすごく可愛いです、左は箱の裏側。
f0169942_1964453.jpgf0169942_1972356.jpg
この日のギャラリーはロシア・東欧食材の領分会品が届いていて、仕分けの最中でした。
f0169942_191047100.jpgf0169942_19142784.jpgロシアの
ウオッカに
ポーランドのピクルス、グルジアのワイン、ロシア料理にかかせないビーツなど。 f0169942_19155980.jpgf0169942_19174661.jpgf0169942_19222963.jpg
 
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-07-23 19:29
ロシア文学の読書会の模様。
ボリスさんの会の報告と前後しますが、
きのこ句会の後、ギャラリーではさらにロシア文学読書会が開かれていました。
f0169942_1649558.jpgf0169942_1654115.jpg
千恵先生の読書会のテキストノートを見せて頂きました、
読み進めるロシア語の箇所にびっしりの日本語訳!f0169942_1656346.jpgf0169942_16545179.jpg
f0169942_16583966.jpg19世紀のロシア文学のようです、とりあげる作家の資料でその作家のようですが、私にはなんだかイコンのキリストみたいにみえます!どんな内容なのでしょうか、リーザさんはこの作品はちょっとロシアを悪く取り上げすぎているとあまり好きではないそうですが・・・当時のロシアの体制への批判の作品なのかと質問してみましたがそうではなく、千恵先生によるととても読みやすく美しいロシア語の文体の作品だそうです。興味深いです!しかし当日はあまりお邪魔も出来ず、内容はあまりお伝え出来ませんでしたが、とりあえず写真のみご紹介してみました!
[PR]
2009年7月12日
モスクワのこどもが学ぶロシア文学の現在
ボリス・ラーリン氏 ロシア教育アカデミー教授) 

f0169942_1948026.jpgf0169942_19491614.jpg
下の写真左からボリスさんが執筆した教科書:古典6年生向け・古典7年生向け・現代文学10ー11年生向け
6年生内容:プーシキン・ゴーゴリ・ツルゲーネフほか
7年生内容:チェーホフ・アントレーエフ・ブーニンほか
10-11年生内容:20世紀ロシア史における戦争・20世紀文学における国民の特性ほか
f0169942_19582947.jpg

写真はボリスさんが文学を教える、想像を絶する、驚愕のオルガリヒ(新興財閥)子弟の通う「超ゴージャス学校」の模様の一部、学芸会(?)の模様(ロシアでかなり有名な俳優までゲストで生徒と共演!舞台装置も本気です)・舞踏会場もトーゼン(?)配備・ポルシェに乗って出勤するという名物校長、卒業式の祝辞も驚愕でした! f0169942_195524.jpgf0169942_1956472.jpgf0169942_19572352.jpg
お話の後は、またしても和やかなお食事会、ボリスさんのお隣はボリスさんの彼女、こちらも教育学の研究者の方。「ロシアでこういった、高度な教育を提供出来る場ができたのはとりあえず(?)喜ぶべき事、人道的教育はその後ついていくことでしょう」というお話が管理人には印象的でした。現在のロシアは一握りのオルガリヒと大部分の一般民という事なのだと思いますが、それにしてもその格差はやはり管理人には想像がつかないものがあります。恵まれた環境にいる子弟達が自国の環境にまったく無関心というのも正直相当にショックでした。f0169942_2001123.jpgf0169942_2011271.jpg

[PR]
2009年7月10日
☆金曜日の不思議のお茶会の感激さめやらぬまま、ギャラリーでは翌日の土・日も3連続のイベント続き。とりいそぎ、土曜日の報告をさせていただきます!
ムックきのこクラブ:合評会と句会
会報用に寄せられたクラブ登録員の投稿写真をみながら新企画、句会・合評会へ進みました。f0169942_226840.jpgf0169942_2274373.jpg










   俳句とは「日本人の挨拶である」と扇氏。
この時期の美しい投稿写真キノコたちの数々に感激!なんと山口の方からは「アカイカタケ」も!ここまではけっこう、従来の安心きのこ的イベント?きのこもんは身を乗り出して今年のうつくしいキノコ写真を堪能して御機嫌でした。
f0169942_227694.jpgf0169942_229147.jpgf0169942_2210097.jpg
その後、今回は俳句のなんたるかをまったく知らない不届き者の私を含むきのこもん2名と反対にきのことはまったく無縁と云われる俳人協会会員・堺の俳句結社・蘇鉄同人会長という超ベテランや俳句を嗜む方との超不思議な組み合わせで、そんな組み合わせの中、きのこ俳句とはなんぞや?と突入した「合評会」 まったく新しい試みは始まったばかり・・・摩訶不思議空間でした!ふとどきものの管理人には扇氏より「わからんもんは去って良いよ」とダメだし、キビシイです!管理人ピーンチ!!
お知らせ:きのこワークショップ「ふしぎきのこ」
そんなわけ(?)でしたが、今日は副編集長「きのこライター・堀博美氏」が登場!
今回は本名であり現代美術家・福本浩子として参加の大阪インターナショナルワークショップフェスティバル2009の宣伝をお願いしました。きのこイベントです!!
f0169942_22163985.jpgf0169942_22171288.jpg
インターナショナル
ワ-クショップフェスティバル
2009
[200 DOORS]

43.ふしぎきのこ~きのこカードを作る~
福本浩子(SPORE)
7月31日(金) 19:00~20:30
中央公会堂 2F 会議室
持ち物:筆記用具、あれば自分の好きなきのこに関する資料
きのこの不思議な生き方やさまざまな姿を知って、好きなきのこを決め、あるいは新しいきのこを想像し、それらのきのこを紹介するポストカード大のカードを作ります。学名などもつけましょう。カードの見せあいっこもします。
詳細はこちらまで
http://www.artcomplex.net/doors/
誰でも気軽に楽しめる、体験型講座200種類、参加費全て500円!
という日本最大のワークショップの見本市イベント。
バーチャル化が進む現在、そんな今だからこそ、「文化は人がつくる」をコンセプトに、「ライブコミュニケーション」に注目し提供するという興味深いイベントのようですよ!
[PR]
 ◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg7月10日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。
「ギャラリーきのこ」にもほど近い、廃墟マニアの間では伝説的な旧摩耶観光ホテル・MAYAKANを5年にわたり撮影、映像の詩人と呼ばれるロシアの巨匠タルコフスキーへのオマージュに満ちた幻想的な作品を紹介頂きました。

「タルコフスキーへのオマージュ~MAYAKAN、ロビンソンの最後の砦」 
写真家 日高千賀子氏 スライドショー&トーク 
f0169942_23171513.jpgf0169942_23184315.jpg
f0169942_23203345.jpgf0169942_23285412.jpgf0169942_23303166.jpg
幻想的な写真作品の一部
所々割れたガラス、あちら側とこちら側を繋いでいるかのような風景。 f0169942_23404230.jpgf0169942_23413929.jpgf0169942_23423279.jpg 
「カロン」の章:
ギリシャ神話の冥府の川・アケローンの渡し守「カロン」MAYAKANに現れたカロンは美しい女性の姿で見るものを誘います。タルコフスキーのキーワードの一つ「鏡」もとても印象的でした、引き込まれそうなイメージの数々、異世界につながっているのでしょうか。f0169942_23471070.jpg f0169942_023631.jpg f0169942_23541446.jpg
MANYOU3344の章:f0169942_051312.jpgf0169942_061563.jpgもう一つのキーワード「火」
3344は万葉集の歌番号をあらわすとのこと、(戦で引き離された男女の相聞歌?)タルコフスキーの 『僕の村は戦場だった』や『サクリファイス』の蝋燭の炎にもインスピレーションが感じさせられる作品群。
「ヤーチャイカ」(私はかもめ)の章:f0169942_0201520.jpgf0169942_0231884.jpg 
”女性初の宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワが軌道上から送信した言葉で、「私はかもめ」というチェーホフの台詞に直訳されロマンチックなイメージで有名になった。”この言葉にちなみ上空から見た「視線」でMAYAKANを撮られた作品群。
MAYAKANがタルコフスキーの「ストーカー」で政府が立ち入り禁止し呼んだ場所「ゾーン」(行く人の心の深奥の欲望を物質化する部屋)のイメージも喚起させたとのことや、境界性・異世界をつなぐもの、イメージの数々は管理人にとっての「きのこ」のイメージともつながるもので本当に感激してしまいました。お話の後は、恒例の大好評、リーザさんのロシア家庭料理を囲んで集まった皆さんと楽しいお話が続きました!f0169942_0424321.jpgf0169942_0525652.jpg
f0169942_045097.jpgf0169942_0472343.jpgf0169942_0494468.jpg   
[PR]
後、週末ににせまった今月の金曜お茶会、お知らせもラストスパート!
写真家 日高千賀子氏 スライドショー&トーク
「タルコフスキーへのオマージュ~MAYAKAN、ロビンソンの最後の砦」
7月10日(金)18:00より


管理人の大好きな神戸の素敵な本屋さん、
鯉川筋のF.O.B((ファビュラス・オールド・ブック)さんと、
トアウェストのトンカ書店さんに無理を言って(先週木曜日から)下のチラシを置いていただける事になりました!(トンカさんの所ではレジのトンカさんがご希望の方に直接手渡ししてくださる予定!)
みなさま是非素敵な神戸の2つのお店にお立ち寄りの上、ギャラリーきのこのお知らせも入手してみて下さい!    
------●こんな感じのチラシです!↓見かけたら是非手にとって下さい!なんか良いことあるかも?----
 f0169942_11512821.jpg

--------------------------------------

◆F.O.Bさん:F.O.B((ファビュラス・オールド・ブック)
f0169942_1631322.jpgなんと東京のユトレヒトさんからのリクエストで絵本を沢山出品される事になり、本のセレクト中のお忙しい中にお邪魔しちゃいました。
お店の今は「海モチーフの夏の絵本」が一杯、アメリカの子供向け学習絵本だったりするのですが、すごく可愛い、夏の子供たちの気分があふれてます!是非行ってみてください。管理人はまたしてもキノコグッズ(ピンバッジ)を見つけてゲットしちゃいました。
(ハリネズミくんの左上、よく見るとキノコなのです!)
Fabulous OLD BOOK ファビュラス・オールド・ブック 
’40~’70年代のアメリカの絵本屋さん、店内はデッドストック生地や雑貨も。 
〒650-0011 神戸市中央区下山手4-1-19 西阪ビル4F
営業時間 13:00~20:00  定休日 不定休(主に水曜日)
TEL&FAX 078-327-7883
◆トンカ書店さん:f0169942_1611491.jpgトンカ書店(「ムックきのこ」バックナンバー取扱店)
トンカ書店さんでは現在 佐藤悠介さんの作品展、
「おとぎの世界」
2009年7月1日(水)~7月15日(水)まで開催中!
管理人も一目見るなり、夢中になってしまいました!マザーグースやおやゆび姫の世界が佐藤さんの魔法の手によって目の前に現れています!一枚一枚の絵がまるで本当に息づいているかのよう、いつまでも見飽きることなく眺めてしまいます。佐藤さんのご本業はなんと獣医さんとのこと!なんだかそれだけでもメルヘンっぽいのです!是非是非ご覧になって下さい!
トンカ書店
店主トンカさんは管理人にとって、神戸の時空を統べる素敵で気さくなな妖精女王です!
〒650-0011 神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
電話&FAX:078-333-4720
営業時間:12:30-20:00 ほぼ年中無休
元町駅から徒歩5,6分
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-07-05 16:43 | 過去のおしらせ
☆今月のギャラリーきのこ・不思議のお茶会は7月10日(金)18:00☆
今年4月19日に豊中・服部で『見習うべき、きのこの文化活動』の企画もされた「とよなかアートNPO設立準備委員会」日高千賀子氏(写真家)の ロシア映画の巨匠・アンドレイ・タルコフスキーへのオマージュ、ご自身の幻想的な写真作品を中心にスライドショーとトークをお届けします!
7月の不思議のお茶会は、見逃せません!管理人一押し!
(MAYAKAN:ギャラリーきのこにもほど近い、かつて摩耶山中腹に存在したホテル、近代遺跡として廃墟ファンにも注目されている。) 

皆様是非お越し下さい。
---------------------------------------

写真家 日高千賀子氏 スライドショー&トーク
「タルコフスキーへのオマージュ~MAYAKAN、ロビンソンの最後の砦」
 

□ 開催日:2009年7月10日(金) 18:00開演
□ 場所 :ギャラリーきのこ (阪急神戸線王子公園駅東へ8分)   
       tel/fax:078-802-2339
□ 料金:1,000円(ドリンク+ロシア料理付き)
□ 電話またはFAXで予約できます

:::::::::::::::::::::::::::::
とよなかアートNPO設立準備委員会
日高千賀子
toyonaka art npo
:::::::::::::::::::::::::::::f0169942_227014.jpg
みなさま是非お越しを!
---------------------------------------f0169942_22344510.jpgギャラリーきのこ代表・扇千恵の本
『タルコフスキイの映画術』
アンドレイ・タルコフスキイ
扇千恵訳 水声社 2008年12月


-映画 それは人間を全世界と結ぶ不朽の芸術。

世紀を超え、国家を越え、いまなお観客の魂を魅了する映像作家、タルコフスキイ。
映画に対する情熱から、作劇、演出の実際にいたるまで、現在に遺されたソ連時代の肉声を集成し、《映像詩人》の原点に迫る、貴重な映画論集。   
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-07-03 20:28 | 過去のおしらせ
おしらせ1:
★ギャラリーきのこロシアフェアに協力・きのこグッズ出品します!

f0169942_21465025.jpgジュンク堂大阪本店さんが7月中ロシアフェアを開催されるにあたり、当きのこギャラリーもロシアきのこグッズ出品に協力します!みなさま是非ジュンク堂大阪本店・ ロシアフェアにお越し下さい!

ジュンク堂書店大阪本店 
イベント情報
◇ロシアフェア 2F東カウンター横小テーブル ~7月末
〔営業時間〕 10時~21時 〔定 休 日〕 7月・8月無休
〒530-0003 大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ1.2.3.F
TEL 06-4799-1090  FAX 06-4799-1091


おしらせ2
★堀博美さん記事、MEETS Regional 8月号に掲載中です!

先日7月1日発売のMEETsMeet8月号京阪神エルマガジン社
ばばーん、と堂々見開き2P!チチ松村さんときのこハイキングの楽しい記事!
「俗世を離れ、ひっそり身を隠して生きるきのこ。」「生き方がいい」とチチさま。「山ごもりの子を探して」記者さんも、「果たしてきのこがバラまく魅力とはなんぞや・・」と我らが副編集長と一緒に探してきて下さった模様です。収穫物を肴に酒盛りついでに図鑑で”菌トレ”してはる副編集長とチチさま、めっちゃ良い感じです!「自然の中に幸せはいっぱい落ちてるからねぇ」チチさまのお言葉にも再びしびれました!
f0169942_2153392.jpgf0169942_21542745.jpg
 さらに、山頂フリーマーケット、管理人も大好きな摩耶山頂のおなじみリュックサックマーケットの記事にも副編集長が!酒場ではなかなか会わない人も山にはいた!と紹介されてて、なんとムックきのこも紹介されてます!集合写真もご注目、ななんと左端、ムックきのこを手に写っておられるのは・・・?f0169942_215556100.jpgf0169942_21575052.jpg
f0169942_2295014.jpgf0169942_2214483.jpg世話人さんとの集合写真、この写真のどこかにも「ムックきのこ」が!?
画面が小さくてよくわかんなーい、とおっしゃる皆様!是非現在発売中のMeets 8月号(京阪神エルマガジン社)420円をお買い求めあれ! 

おしらせラッシュなギャラリーきのこでした!
★「ムックきのこ」バックナンバーもギャラリーで是非どうぞ!
近々、ギャラリー以外でも「ムックきのこ」が購入出来る素敵なお店を再度紹介予定です!

[PR]
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
先日6月26日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

「イスラエル紀行レポート」 上坂康昌氏
今回は金曜スタッフのお知り合いという上坂氏に、参加した皆さんからの質問を
交えながら、上坂氏が20年前に出向いたイスラエルの印象をお話し頂きました。f0169942_19533672.jpg f0169942_19524895.jpg
お話後もリーザさんのロシア家庭料理を頂きながら、和やかな時間をすごせました。
写真は当日のお料理の一部、ビーツとじゃがいものサラダパスタ、サワークリームを浮かべた野菜スープ、ロシア餃子「ペリメニ」f0169942_19543645.jpg f0169942_1956227.jpgf0169942_19564156.jpg
[PR]
☆キノコにも色々な種類があるように、きのこ好きにも様々な種類があるようです。たまには立ち止まって管理人も何故キノコなのか?を時々考えているのですが・・・管理人のよしなしごと語り。

キノコの不思議-菌糸は見えないだけで、いたるところにすでにはりめぐさられているのだ。-きのこの匂いについて・より-思いついたこと。
f0169942_22411694.jpg写真はキノコ好きのバイブル 森毅編 『キノコの不思議-「大地の贈り物」を100%楽しむ法』 光文社〈知恵の森文庫〉初版は1986年カッパ・サイエンス(光文社)刊。この執筆者の一人 中井久夫先生(精神医学)も 「きのこの匂いについて」というエッセイを寄せておられます。
”私は神戸の西部、新しく山を開いた住宅地に住んでいる。”とそのエッセイの冒頭で語られていて管理人はビックリ。まさに管理人が住んでる地元の事ではないですか!ギャー!うれしい!ここで既にうかれているのですが、エッセイではいはゆるニュータウンの無機質な感じを欠けているもの 「匂い」を語られていてニュータウン民は「うん確かにそうやねんよな。」とちょっと哀しい。さんざん聞かされる話ではあるのですが・・・やっぱり「平坦で均質な、精神の自由を奪っていく場所」でしかないのでしょうか?ここは?この地は?

 しかして実はそんな町・ニュータウンにもこの6~7月には公園内に沢山のキノコと言う「自然」が発生するのです!f0169942_143976.jpg  f0169942_145402.jpgf0169942_1463674.jpg
  f0169942_1503298.jpgf0169942_1484414.jpgf0169942_1522126.jpg
エッセイでは”私のいるあたりでも、時には芝生を茸の小さな一隊が横切ることがある。菌糸は見えないだけで、いたるところにすでにはりめぐさられているのだ。”とあってそうです!そうです!とまたしても狂喜乱舞。管理されつくしたと思われている場所にさえ彼らは実は存在しているのです。なんだか随分愉快な事ではありませんか?少なくとも私にとってはものすごく小気味よい「現実」でした!

キノコ好きには色々あるのですが、少なくとも私にとっては
無機質で味気ないと言われがちな場所に住む者が、
世界はだんじて、のっぺらぼうでは無いことを
もう一度気づかせてくれるのが
キノコだったのでした。 
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-24 23:37
2009年 6月 21日
★北村康一グルメ亭・ギャラリーきのこ★
先日6月21日(日)ギャラリーきのこにおいて北村康一さんによる、北村康一グルメ亭「イタリアン2」が行われ おいしい北村さんのお料理を楽しむことができました。f0169942_20515726.jpgf0169942_20523595.jpg
f0169942_20532596.jpgf0169942_20541773.jpgf0169942_20555482.jpg
前菜・タコとジャガ芋のジェノバ風サラダ・鶏肉のトマト煮・ 野菜スープ・あさりのバターライス・軽めのワインと言う本日のメニュー。どれも絶品です!
管理人は当日午後、岸和田の近代建築見学に出向いてちょっと時間が間に合わないかもと予約いれれなかったのですが、なんとラッキーにもたっぷりの量を試食させて頂いちゃいました!超ラッキー。
グルメの会はきのこ関係者よりもロシア好き関係者の方の出席が若干多いのですが、今回も去年のサンクトペテルブルグに語学留学に引き続きこの9月にベラルーシへ再度留学予定のギャラリー初参加のゲストもおられてまたとっても楽しい会になりました。管理人は実はまったくロシア文字も読めない万年ロシア初心者ですが・・・みなさん本当にいろいろ教えて下さるので勉強になります!また是非お土産話も聞かせて頂かなくては!T岡先生にはなんと北海道出張で気になるきのこ居酒屋(?)さんその名も「キノコの晴れ舞台」さん情報を頂いたりして、キノコ情報も大成果でした!

  
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-24 21:10
☆ムックきのこ観察会6月の探訪地・水無瀬のマダラーノフの解説☆
 胞子のごとくさすらうために・・・きのこの胞子のように旅をする。きのこに出会いながら。
(「水無瀬のきのこ」の箇所はきのこ探訪会の模様の記事の方に移動して掲載しております、御了承下さい)
水無瀬に思う
Dr.マダラーノフ


きのこを巡る歌枕の旅
古来よりわが国の文化をになってきた人たちの旅は古人が歌に詠み伝えた風物を、その同じ季節、同じ場所に立って味わうことにありました。桜なら桜、水無瀬の地なら水無瀬の地、のもっともふさわしいありよう(原型)をたどる旅であったのです。
 それを古人はものごとの「本意」を辿る旅と位置づけて一生を旅に身をやつしたものです。
昨日見たきのこは今日見るきのこと同じであって同じでない。去年のきのこと今年のきのこもまたしかり。そうした愛おしさをベースにした旅をマダラーノフは続けてきたしこれからもわくわくドキドキしながら続けていきます。その地の歴史的・文化的な背景をも加味しつつソライロタケならソライロタケのもっともふさわしい在りようを求めさすらい表現し続けることでその出会いのつれづれを一期一会のかけがえのないものに磨き上げていくのです。ここにドナルド・キーンもうらやむ極東の島人であるわたしたちに固有の美意識があり、これこそが20世紀の地球人がグローバリズムの掛け声の中で見失ってきた感覚だと私は考えてきました。
自然を人間の外にあり、われわれに対向する対象としてみるのではなく、自分もまた自然に同化していくようなありかたを探り、身につけることこそが私の言う「究極のきのこ目」をもつということなのです。ムックきのこクラブや川西きのこクラブがひたすら実践してきた単なる観察会とは一線を画す探訪会の真価はおそらくここにあると思われます。ただ、一度は訪ねたかったあの場所、この場所をぶらつくだけなのですが、ここに隠し味としてのきのこという1本筋のとおった独自の流れがある・・・。これがムックきのこの目指す更なる旅へといざなうのです。

More
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-23 12:07
2009年6月14日
水無瀬のきのこ
大山崎から西京にかけては断層が幾筋も走っているせいか、竹林が多くキヌガサタケ、オオホウライタケ、ニワタケ、ハラタケ類、といった竹林に特徴的なきのこが豊富にみられます。またシイ・カシ林を擁した神社には南方系の種も数多くきのこには事欠きません。
当地のきのこたちと挨拶を交わしながらぜひのんびりと散策し、その印象をデジカメや短詩に記録して伝える作業をはじめてください。
by マダラーノフ

本日のムックきのこ観察会、大山崎から西京にかけての地が竹林が多く有名なのと同じく隣接するここ島本町も竹林が多く、キヌガサタケ等の竹林に特徴的なきのこが豊富に見られる地ということでやってきましたが・・・
f0169942_19195131.jpgf0169942_1920437.jpg
f0169942_1943619.jpgそろそろシーズン、本日のお目当てのキノコの女王と呼ばれるキヌガサタケ(写真は去年の長岡京で見つけたもの)ですが、今回は残念!まったくまだ出ていません!出る時は両サイドにずらっと並んで発生するとか、それは壮観だなあ。きっとバレリーナの群舞のような景色が是非見てみたかった!それでも幾つかの多彩な竹林の中のキノコを見ることができました。
竹林の中で観察中の様子。
ギャラリーで観察会を知って今回初参加してくれた、小学校一年生の小さいキノコ愛好家のボク、大人がふうふう言う山道もぴょんぴょん元気に昇り降りして、赤い帽子でまるで小さいベニタケが元気よく飛び跳ねているみたいです!本当に可愛い!マイキノコ図鑑も持参で大人より本格的!既に見たキノコには青いペンで丸印を入れてて、ページを見せてもらうと既に一杯丸印が!本当に可愛らしいキノコ愛好家に励まされました、私も頑張らねば。
f0169942_19232279.jpgf0169942_19243574.jpgf0169942_19251255.jpg
多彩な竹林のキノコたちf0169942_19561843.jpgf0169942_19572861.jpgf0169942_19583919.jpg
f0169942_19594947.jpgf0169942_2014380.jpg
女王キヌガサタケは見れなかったけど・・そのかわりカンゾウタケ祭り(?)でした。f0169942_2053235.jpgf0169942_209097.jpgf0169942_2081564.jpg
肝臓と言うより、牛タンみたい・・・なカンゾウタケもありました。f0169942_20123098.jpgf0169942_20134695.jpgf0169942_20144673.jpg
★本日のみんなのキノコグッズ!f0169942_2022191.jpg f0169942_2023592.jpgf0169942_20234753.jpg
f0169942_20264118.jpg f0169942_20311752.jpg  f0169942_2036243.jpg
f0169942_2035363.jpgf0169942_20375284.jpgf0169942_20323067.jpg
☆スマウグさんの素敵なフェルトワークのカメラケースやきのこ柄クロス!ペイズリー柄のエスニックなキノコ柄キャミ!そして今日の可愛いキノコ愛好家のポケモンシールも可愛い持参の「マイ・キノコ図鑑」!みんな本当に素敵です☆      
[PR]
オーナーには今月17日(日)のギャラリーきのこのイベント講師として「ワインの楽しみ方-初級編」でお世話になりました!管理人は当日残念ながら参加出来なかったのですが・・・
人気のお店の大阪・福島でロシア料理スタンディンググリルバー
強力な助っ人のお陰で「ボーチカ」さんへとうとう行くことができました!ロシア料理やお酒についても本当にきさくに詳しく教えて下さるスタッフさんやオーナー、カウンターはさらにアットホームな感じで大感激しました。 
f0169942_2254745.jpgf0169942_2272228.jpg
ドリンク:ロシアビールのバルチカ、ウォッカは色んな種類があります!私はお酒が飲めないのでローズソーダを頂きました!色がとってもきれいです!爽やかな味。 f0169942_22112296.jpgf0169942_22171369.jpgf0169942_2295376.jpg
ボルシチ:ビーツたっぷりのボルシチ。サワークリームを浮かべてチャイブ(あさつき)が散らしてあってきれい!よーく混ぜてピンク色のボルシチにしてクルトンにたっぷりボルシチを染み込ませて頂きました、さっぱりしてておいしい!
前菜の盛り合わせ: サラミは黒パンににんにくをすりこんでのせて食べました。もうすっごくおいしいです!色が本当に美しいビーツのイクラあえやきのこのマリネどれもおいしくて幸せ~。f0169942_22224860.jpgf0169942_22242054.jpgf0169942_2311561.jpg 
サラダ:ビーツのホットサラダ、セロリにつけて食べました。
シャリアピンステーキ:日本に訪れたオペラ歌手、フョードル・シャリアピンの求めに応じて作られたという牛肉を使ったマリネステーキの一種、タマネギがポイントみたい、ボーチカさんのシャリアピンステーキはみじん切りのピクルスも入っていてこれまたおいしいのです!あつあつがたまりません!付け合わせののほくほくチーズポテトにはリーザさんもよく使うお馴染みのハーブ・ディルが散らしてあります!これまたすごくおいしい!f0169942_22332912.jpg f0169942_2236651.jpgf0169942_239369.jpg 
ウォッカ:プーチンさんが大好きというウォッカ・その名もプーチンカ!ウォッカのボトルは凍らせてあるそうです&かじりながら飲む用レモンこれでさらに食がすすむんですって!
デザート:その名も「白夜」  ビーツできれいな色に染まっているヨーグルトとクリームのパフェ、中にはプラム等のドライフルーツが入っててやさしい味。写真とるの忘れたけど、自家製のおいしいリンゴジャムで頂くロシンアンティと一緒に頼みました。もう大満足。f0169942_2244167.jpgf0169942_22483215.jpgf0169942_22543368.jpg 
f0169942_22595128.jpgf0169942_231444.jpg
まだまだ一杯おいしそうなお料理があって目移りします。ビーツは本当にきれいな色なだけでなくビタミンや鉄分が豊富で改めてロシア料理にかかせない優秀な食材なんだと感激。デザートにも使われたりとボルシチだけでない豊富な調理法も新鮮でした!ビーツの保存方法としてはなんと「砂に埋める!」のが良いというミニ知識も!うーん本当に楽しい!おいしいロシア料理と素敵なオーナー・スタッフさん本当にありがとうございました!是非又行きたい!ロシア通もロシア初心者もロシア好きはもちろん本当にお勧め!おいしいロシアに感激です!こじんまりした店内はあっという間に一杯になるので、ディナーは予約がベターみたい。私たちは木曜日にお邪魔しましたが、満席。翌日週末金曜日の予約の電話もひっきりなしでしたよ~。
--SPECIAL THANKS-----------------------
ロシア料理
スタンディンググリルバー
ボーチカ (阪神福島駅 徒歩1分)
■ランチ 11:45~14:00(月・土休み)
■ディナー 18:00~24:00
■定休日 日祝
大阪市福島区福島1-6-20
tel 06-4799-8311
         
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-19 23:51 | ロシア
関西のJR以外、私鉄や地下鉄のキャンペーン時々発売される『いい古都チケット』今回は平成21年6月7日までのキャンペンーンでした。(こちらのポスターは神戸市交通局版で大人2200円)本当にほっこりとかわいい大原のお地蔵さんですが、傍らをよく見ると・・・
f0169942_8483038.jpgf0169942_858990.jpg
きのこ! きのこでした!      お地蔵さんときのこ!可愛いです!f0169942_856337.jpgf0169942_857697.jpg
あなたに、温かな微笑みを。っていうポスターでした☆本当にそうですね☆ 
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-13 09:02
f0169942_1550458.jpg日経ビジネスオンラインの「超ビジネス書レビュー」(2009年6月10日版)のマイブームよ、ありがとう『じゅんの恩返し』~努力なくして「好き」はなしを読みました。
むむむ私も「きのこもの」の端くれとして思わず記事に引き込まれての事でした。
記事では”「好き」が高じて習慣化すると、修行僧の精神修養さえ思わせるライフワークと化すのである。”と締めくくられており、なにやら勇気(?)が出るではありませんか。
<なんとなく気になっているものが、なぜ気になっているのかを突き止め、頑張って好きになっていくのが本当なのではないでしょうか>とじゅんさまはおっしゃっておられるようです。
私も確かに「何故か気になり続ける」キノコをこれからも追い続けていく所存でしたが・・・その先にはいったいどんな地平が待っているのか?(それらの地平は今もってまったく本人定かではないのですが)ともかく進む勇気というか希望の灯りを頂いたようでありますれば、ここに記するものでありまする。ふむふむ、どんなもんでしょうかねええ、まあ、ぼちぼちいきたいです。
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-10 20:32
昨日9日、気象庁による近畿地方の梅雨入りが発表されました。今日10日は神戸も梅雨らしい雨空、いよいよ「きのこもん」にとってはキノコのハイシーズン到来です!
ギャラリー最寄りの王子動物園の西端に位置する、現在は神戸市立神戸文学館・敷地内のあじさいもきれいです!管理人も大好きな場所です。
f0169942_1934188.jpgf0169942_16152628.jpg
神戸文学館は関西学院大の発祥の地、西宮に移転する前の原田の森、神学部のチャペル。作家の稲垣足穂や、詩人の竹中郁もそうですが、90代にして聖路加国際病院理事長で現役医師の日野原重明先生もこの原田の森で学ばれていました。ブランチ・メモリアル・チャペルとして明治37年に建てられたそう。f0169942_19341668.jpg
f0169942_1982635.jpgf0169942_16153892.jpg
敷地内にある関西学院発祥の地の記念碑、写真では見えにくいですが、創立者のW.R.ランバス自筆サインが刻まれています。真ん中の石は旧礼拝堂正面階段に使われた飾り石。f0169942_16155057.jpgf0169942_16172083.jpgf0169942_1921441.jpg
☆足穂が入学した大正の頃は学校のぐるりは苺畑ののどかな場所だったようです、また通学の道すじ、山手通りの入り口(三角形の区画になっていたそう)にはいつもぴったりと締まったドアの不思議な三角形の玩具のような薄緑色の洋館があったそう。(足穂は明石から電車通学していたので上筒井1丁目あたりにあったのかなあ?と想像しているのですが・・・)足穂はこの不思議な三角辻のグリーンハウスのことを「ありゃ可笑しな家じゃないか。誰が住んでいるのだろう」と友達に話します、「さあ・・・」Oは首をかしげて、「ひょっとすると夢かも知れんぞ」「何?いや何だと云うんだ?」「そうさ、あの家にはきっとこの都会の夢が棲んでいるんだぜ」と語り合ったという事です。今は無い原田の森の夢の情景を想います。 
-夢がしゃがんでいる『タルホ神戸年代記』より
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-10 20:32
f0169942_19145668.jpgMOOKきのこ誌上にて「冬虫仮装図鑑」を連載して下さっていた大竹茂夫先生は幻想画家にして冬虫夏草の第一人者。
神戸市北部某所にて大竹先生に冬虫夏草の世界をかいま見させて頂きました!
冬虫夏草を探すには本当に「キノコ目」とはまた別の「冬虫夏草アイ」が必要なんだって聞いていましたが・・・まさにその通りでした!
オオセミタケ f0169942_1929952.jpgf0169942_19301487.jpg
冬虫夏草の中ではかなり大きなサイズでキノコ目でも見つけやすいというオオセミタケ、大竹先生には特に珍しい物では無いモノになってしまいますが・・・ 管理人は大興奮。土中に冬虫夏草に寄生されたセミがいるとのこと、。むやみに掘るとせっかくの姿が台無しなのでやはり先生にお願いしてます。掘り出す所も管理人は初めて見ました!
下は現地で掘り出して水で泥を落としたもの、&図鑑のオオセミタケの頁と実物。f0169942_19375445.jpgf0169942_19422284.jpg
私は断念、急斜面にて観察!のアリタケ
なんとももの凄い急斜面をまるで仙人のようにざっくざっくと昇っては「冬虫夏草の気配」を探る大竹先生、見事なアリタケを見つけて下さりみんな写真におさめています。複数の菌糸(?)がどうやら一匹のアリからでてるようですが私はあまりの急斜面なので昇るのを断念しました!冬虫夏草の道は険しい!!f0169942_1949515.jpg   f0169942_19481750.jpg
しかし、なんとラッキーにもうひとつアリタケを見つけました! f0169942_2024582.jpg 
諦めていたら、崖の下に転がっていた大きな枝(?)にもアリタケが!
まるで黄色いマッチ棒みたいです。
大竹先生に木部分を割って頂いて慎重に中のアリを取り出して頂きました。
写真左が見つけた時の感じ、右が木を割って中を見た所。 
f0169942_19582570.jpgf0169942_2064728.jpg
全部掘り出すとこんな感じ、図鑑の該当ページ。本当によく感じがわかりますよね。 f0169942_2094668.jpgf0169942_2015127.jpg
今日出会ったその他のキノコ
f0169942_2022494.jpgf0169942_2024467.jpgf0169942_20255950.jpg
f0169942_20271164.jpg f0169942_20284098.jpgf0169942_20294132.jpg
f0169942_2034291.jpgf0169942_20383254.jpgf0169942_20373256.jpg      
[PR]
☆お知らせです!☆
f0169942_185473.jpg
ギャラリーきのこ毎週金曜日はリーザさんと岡島さんのロシアンカフェ。
今週からは、毎回大好評のリーザさん手作りのロシア家庭料理ピロシキを店頭でも販売することになりました!(一個百円)ピロシキの中味は毎週替わりの予定のと事でお楽しみに。(ちなみに管理人が試食させて頂いた日のは「ジャガ芋とマッシュルーム入り」ピロシキでした!)是非皆さんも本物のロシアンピロシキを食べてみて下さいね!
気候の良い今の季節はギャラリーのテラスにて販売する予定とのこと、道すがらお店は気になるけどなかなか入ることができなかった(?)お客様にも気軽に立ち寄っていただけそうです☆
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-03 19:09 | 過去のおしらせ
f0169942_7172839.jpg 
山や森だけでなく、キノコはどこにでもいる。都会の片隅で、庭先で、あなたの気づかないところで、彼らは、今にも花を咲かせようと機をうかがっている。
大館一夫

堺市北区大泉緑地
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-01 07:27
大阪・京橋にて。
f0169942_19543970.jpgf0169942_19553326.jpg
小鉢の中のものは、残念ながらキノコではなく・・・「たまひもの煮付け」です!でもなんだかこんなキノコ料理もあるのかも?と思えてきてしまうのがオソロシイような???またまた遠くへ来てしまった感じがします。 
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-06-01 07:15
4月・ある日のキノコ観察にて。
f0169942_1955735.jpgf0169942_20441323.jpgf0169942_20174456.jpg
f0169942_19543587.jpgf0169942_20303566.jpgf0169942_19554510.jpg
f0169942_20223241.jpgf0169942_20234688.jpgf0169942_20243064.jpg
f0169942_20135599.jpgf0169942_2026676.jpgf0169942_20284145.jpg
f0169942_20381484.jpgf0169942_20485055.jpgf0169942_2042959.jpg    
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-05-28 19:57
☆サーシャちゃんが作ったお誕生日カードを見せてもらいました☆
f0169942_2062669.jpg5月生まれのマダラーノフ氏へサーシャちゃんからのプレゼント!
サーシャちゃんとリーザさんから、ロシア語でお誕生日おめでとうって書いてあるそうですよ。
カードの中のとってもきれいなバラの花の写真も
サーシャちゃんが撮ったものだそう!とってもきれいです。

 f0169942_19584815.jpg  f0169942_19593859.jpg
 
 
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-05-27 11:59
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg先日5月22日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

ボリスさんは現在大阪USJに出演中のウクライナ出身のパントマイムパフォーマー。とっても楽しいパントマイムの数々を披露して下さいました!

ウクライナのアーティスト、ボリスさんのパントマイム
ボリセンコ・ボリス氏f0169942_1852594.jpgf0169942_197418.jpg
f0169942_1991789.jpgf0169942_19111329.jpg
f0169942_19131442.jpgf0169942_19142930.jpgf0169942_19153990.jpg
f0169942_19235655.jpgf0169942_19251997.jpgf0169942_19293385.jpg
f0169942_19314094.jpgf0169942_19323098.jpg
[PR]
f0169942_2259114.jpgf0169942_22571628.jpg
f0169942_22591453.jpgなんだか随分大きい子が一羽、顔を出してますが・・・
今年は無事にみんな育って欲しい
とスタッフもみんな祈っています!

燕の巣を見上げているのは、本日の
不思議のお茶会パントマイムのボリスさん。
楽しかったお茶会の報告は後日また!
[PR]
# by gallery_kinoko | 2009-05-22 23:06 | 過去のおしらせ
←menu