<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
2009年11月27日
極東地方の人々ときのこ・エヴゲーニャ・ブラフ菌類学博士

f0169942_1922891.jpgf0169942_193464.jpg
ブラフ博士のお土産の一つ。ロシアの絵画学校のこども達が「ギャラリーきのこ」の為に
描いてくれたきのこの絵いろいろ。
f0169942_1944036.jpgf0169942_196192.jpg

f0169942_1911183.jpgf0169942_19121375.jpg
f0169942_1915616.jpgf0169942_19163276.jpg
 
[PR]
☆さる11月22日ウラジオストックよりブラフ博士がいよいよ伊丹に到着、
歓迎会のもようをマダラーノフこと扇進次郎氏がお伝えします☆

ブラフ博士来日歓迎パーティー
2009年11月23日午後6時より
   於: ギャラリーきのこ
 快晴にめぐまれた勤労感謝の23日は、朝早くからブラフ博士とJAの朝市へ出かけ農家の地産地消の実際を視察していだたき、それから山越えでギャラリーきのこへと向かいました。途中、小声で私たちを呼ぶ声がするのでドライブウェイ脇に車を止めて声の主を探します。案の状、ムラサキシメジの一群れやハナビラニカワタケとめぐりあい、子供の大好きなブラフ博士はムラサキの君の幼菌とツーショットをたのしみ、野仏の前でもハイ・ポーズ。朝霧に包まれたった今まどろみから醒めた風情の日本の森の空気を満喫していただきました。
f0169942_12193727.jpgf0169942_12203324.jpg
写真:野仏の前でポーズ。     写真:ムラサキの君の幼菌とツーショットをたのしまれる博士

  (以下、歓迎パーティの模様に続く。)

 ★続きを読む。
[PR]
☆マダラーノフこと扇進次郎よりお知らせです☆
f0169942_11201094.jpg11月23日(祝)6:00
写真展オープニングパーティ
会費2,000円(定員15名要予約)
・自然大好きのとても気だての優しいジェーニャ(エヴケーニャの愛称)さんを囲んで歓迎パーティを開きます。

11月27日(金)6:00
第64回不思議なお茶会 会費1,000円
・「極東地方の人々ときのこ」 エヴゲーニャ・ブラフ菌類学博士(通訳有り)・ロシア極東地方のの人々の生活ときのこのお話、軽食をとりながらきのこ愛を語り合いましょう。
[PR]
☆福本浩子(MOOKきのこ元副編集長・堀博美)さんよりご案内を頂きました!☆

《個展のお知らせ》
これまでは、主に印刷物を使用して作品を作ってきましたが、
今回の個展では、文字と深い関わりのある、別の素材に挑戦します。
お近くにおいでの際は、どうぞご高覧ください。
よろしくお願いします。

会期 11月24日(火)~29日(日)
時間 12:00-19:00(最終日-17:00)
場所 ギャラリーはねうさぎ ROOM3
京都市東山区三条通神宮道東入ル神宮道ビル2F
075-761-9606

http://www.haneusa.com/

福本浩子
■ コメント ■
「<情報>と<モノ>との関わり」をテーマに、インスタレーションやオブジェを
制作しています。これまでは、主に印刷物を使用して作品を作ってきましたが、
今回の個展では、テ ーマは変わらないまま、新しい素材に挑戦するつもりです。

■ 略歴 ■
1971年 兵庫県神戸市生まれ
1995年 国立京都教育大学教育学部研究生(西洋画研究室)修了
1994年、1997年、2001年 個展 ギャラリー16[京都]
1995年 「紙の世界」国立国際美術館[大阪]
2000年、2005年 個展ギャラリーはねうさぎ[京都]
2000年 「ことばの領分」アートスペース貘[福岡] カノーヴァン[愛知]
     川口現代美術館   スタジオ[埼玉]
2001年 [メッセージ/ことばの扉をひらく]せんだいメディアテーク[宮城]
2006年 「THE LIBRARY」足利市立美術館[栃木]、多摩美術大学美術館[東京]
2006年 「Bookblast」ロンストロム美術館[フィンランド、ラウマ]
2009年 「Wings for Words」San Francisco Center for the Book
    [アメリカ、サンフランシスコ]
[PR]
ギャラリー特別展
f0169942_13331812.jpg11月23(祝)~29(日)
 写真展「極東地方のきのこたち」

営業日 水・金・日 11:00~6:00

ロシア・アカデミー会員、菌類学者 エブゲーニャ・ブラフ博士 を神戸に招待し彼女の写真展を開催します。
(☆昨年度のウラジオストック映画祭にてギャラリー代表・扇千恵が出会えたブラフ博士、いよいよ神戸にお招きできることになりました。)
2008年 10月 20日 の記事も合わせてご覧下さい。

11月サロン
6日・20日(金)  6:30 ロシア語会話クラス 会費2,000円
8日(日)      4:00 第29回DVDでシネマを楽しむ会 会費1,000円
            『チャイコフスキー』(1970年ソ連 イーゴリ・タランキン監督)
12日・26日(木) 10:30 ロシア語初級クラス 会費2,000円
23日(祝)     6:00 写真展オープニングパーティ 会費2,000円(定員15名要予約)
           ブラフ博士とともに、秋の代表的な野生きのこ「ショウゲンジ」の鍋を囲みます。
27日(金)     6:00 第64回不思議なお茶会 会費1,000円
           「極東地方の人々ときのこ」 エヴゲーニャ・ブラフ菌類学博士(通訳有り)

12月サロン
4日・18日(金)  6:30 ロシア語会話クラス   会費2,000円
10日・24日(木) 10:30 ロシア語初級クラス  会費2,000円
12日(土)     10:00~5:00 ロシア書籍ブックフェア  主催 株式会社 日ソ
19日(土)     5:30 第4回「映画で学ぶロシア語とロシア文化」 お茶代500円
            “Девчата”(1961年 モノクロ) 字幕なし 解説あり
20日(日)     5:00 北村康一グルメ亭   会費3,000円  定員10名(要予約)
            「メジ(マグロの幼魚)もうまいよ」
25日(金)     6:00    ――静謐な夜へ――
            篠笛と詩の語りの夕べ+忘年会   会費1,500円
            (篠笛 小池照男   自作の詩の語り 福永祥子)
27日(日)     11:00  通常営業
            3:00 大掃除(皆さん、手伝ってね)
[PR]
覚書:「ギャラリーきのこ」は何故「きのこ」の名前がついていたのか。☆きのこ協会らしさとは?旧会報誌最終号・管理人覚書。

f0169942_19591625.jpg現在ギャラリーきのこのイベントに主に来られる方はロシア関係から来られる方が多く、ギャラリーの名前が何故きのこなのか?と反対に不思議に思われる方の方が正直多くなりました・・とはいえもともと「ギャラリーきのこ」は、この春閉会した旧日本キノコ協会の女性会員有志が当時立ち上げたギャラリーだったので、名前も自然とこのようになったと思われます。こちらの冊子は私も初めてこの秋拝見させて頂いた旧日本キノコ協会の会報「MUSH」の最終号。現在のギャラリーきのこ代表の扇千恵先生が編集長として発行されていた会のための会報誌でした。



f0169942_22192266.jpg最終号の表紙はなんと『きのこの名優たち』(98年・山と渓谷社・写真右)の原作者サバティエ氏ご本人が書き下ろして下さった愛らしいイラスト、神戸のランドマーク・ポートタワーと六甲山をバックに神戸のアミカサタケくんがエッフェル塔をバックにした、シャンピニョン(マッシュルーム)さんをお出迎えしてます。

More
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-11-10 22:51
←menu