<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 あれっ?チェブラーシカ。  ワニの ゲーナも・・・
f0169942_6372563.jpgf0169942_6382120.jpg
f0169942_6382416.jpgJRの車内マナーキャンペーンでした!
大阪環状線にて。

”チェブラーシカの
守ろう*マナー”
みんなが迷惑しないためにも。
車内での大声、
大騒ぎはやめましょう。
ピオネールならぬ、日本の中高生っぽいキャラクターがチェブと一緒に!
f0169942_6432112.jpgf0169942_645038.jpg
ちなみに現在JR西日本では『あいたい兵庫・デスティネーションキャンペーン』実施中! 兵庫県のマスコット可愛いはばたんが改札に登場してます!(これはJR三宮駅) 
こんなキャンペーンキャラクターに採用されたり、ロシアの国民的パペットアニメ・『チェブラーシカ』も大夫日本でもメジャーになってきましたよね!やっぱり可愛い。それにしても騒いでる中高生たち(?)は新しくロシアのパペットアニメ作家が作ったのか、それとも日本のアニメ作家が作ったのか?ちょっと気になるところ。でもとっても良くできていて、本当に新作ができたの?って気にさせられますよね。
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-29 06:59 | ロシア
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg先日4月24日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

”ツルゲーネフ好きでロシア語を専攻したものの落第を繰り返し、その後2年間のモスクワ留学、就職後のモスクワ滞在独立してからのロシア音楽のCD販売、現在はロシアから離れた仕事に就きながらロシアへの熱い思いを持ち続ける講師の縦横無尽なお話を” との案内通り、
 「ソ連崩壊後の混迷する当時のロシア真っ直中」での熱い思い出をお話し頂きました。

遙かなるロシア
木村 真氏
ロシアに留学のいきさつや、奥様との出会いなど木村さんのスリリングな熱い青春時代!f0169942_16122982.jpgf0169942_1620854.jpg
ソ連崩壊後のまさにに混迷するロシア滞在中に出会ったロシア音楽、なかなか聞くことができないロシアの様々な音楽を日本に紹介する情熱、熱いお話が続きました。熱心に聴き入る皆さん。ロシアのアーティストのCDを聞かせて頂いたり、木村氏が惚れ込んで日本に連れてこられたアーティストとツアーとの熱い日々も。当時のロシアでの懐かしいお写真も多数拝見させて頂きました。 f0169942_16223819.jpgf0169942_16234541.jpgf0169942_16324237.jpg
f0169942_16244221.jpgf0169942_17232.jpgf0169942_1783482.jpg
熱心に聴き入る皆さんと拝見したお写真の一部。ソ連時代のプロパガンダモニュメントと出向いた街での民族衣装を着た人々のイベントスナップ等。 f0169942_1626576.jpgf0169942_16282141.jpgf0169942_16295089.jpg
お話後の懇親会もみなさんと直接和やかにお話し下さいました。それにしても想像以上の当時の不安定で混迷したロシアの雰囲気が管理人にはオドロキでした。
以前会でリュドミーラさんとリーザさんからロシアではあまり方言は無いとの事を伺ったのでしたが・・・下町弁?のようなロシアの機関銃のような会話もやはりあるといった事などにもオドロキの連続。現地の人々との丁々発止のやりとりを乗り越えて来られた事等、本当に垣間見せて頂けました。しかし当時のご苦労ですらもご夫妻の絆を深められていたようでそれに関しては本当に羨ましい限りの管理人でした!
本当に今日も素晴らしい会となりました、皆様ありがとうございました。  
[PR]
☆マダラーノフがこの3月に出会ったきのこに俳句を添えてお伝えします:春きのこ編☆


生駒山にて  
2009年3月29日(日)

 トガリアミガサタケ         ウラベニガサ (通称 シカタケ)
f0169942_2243477.jpgf0169942_22433674.jpg
春すでに大地に兆す黒きもの--トガリアミガサタケ
鹿茸と出会う牧岡奥の宮-- ウラベニガサ (通称 シカタケ)
f0169942_225031100.jpgf0169942_22495342.jpg
キクラゲ(幼菌)                  ヒナノガサ
木洩れ日のだんだら風倒木に耳--キクラゲ(幼菌)
春寒しヒナノヒガサの呆け顔--ヒナノガサ
ハイカーの一団過ぎて木瓜の花
二日月探すアミガサタケ提げて
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-18 22:57
ギャラリーきのこには旅行帰りの皆さんからよくお土産を頂けるのですが、、、やっぱり皆さんキノコモチーフを見つけてきて下さるのです!こちらはドイツのお土産のマグカップ。かわいい!
f0169942_20343328.jpg

[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-17 20:37
   ”宇宙的次元においては潮の干満を生む感応力の結果であった”
  --か弱いと同時に執拗な小隠花植物(キノコ)が現れてくる様を称して、
  『緑の思考 第8章- 木から人へ』 ピエール・ガスカール著 
f0169942_1021359.jpg
f0169942_1471881.jpg今週末の豊中・服部は、
いよいよ待ちに待ったトークショー!
「トーク×2 きのこカルチャー@とよなか・はっとり」
見習うべき、きのこの文化活動

ゲストのお一人飯沢耕太郎氏の著書『きのこ文学大全』にはピエール・ガスカールの評論集『緑の思考』までとりあげられていてしびれます。

写真はフォルダを整理していて再会した(ガスカールが記した「名もなくしばしば色さえもないきのこ」ではなく)はっとする程、とっても色鮮やかな緑色と金色の(金色の子は「コガネタケ」一度このブログでもルイス・キャロルの金色の夢を思い出して小さい画像を使いました。)六甲・修法が原の公園で07年の秋に出会った子たち。こんなにも鮮やかで不思議で美しいものが時に、現実に私たちの目の前に現れるのです!
”「菌糸の森」に想像力を伸ばす喜び”は実はとっても身近に、深い山に出向かなくても、こんなにも街のすぐ近くでずっと私たちに会いにおいでよと誘ってくれていたわけです。私たちの目に見えないところできのこたちは今日も夢をつむいでいるのでしょうか。きのこの夢はいくつもいくつも満ちては返しそしてまた続いている、それ自体が夢のよう。
シベリアきのこ探検の記憶、「文学」の中で菌糸を張り巡らせているキノコを発見/採取していく愉しみのお話の今週末が本当に楽しみです。
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-16 18:30
千恵先生のロシアのお土産チョコレート☆
(大阪・サンクトペテルブルグ姉妹都市提携30周年記念フェスティバル
 参加バレエ団の通訳引率)
うっく、残念ながら全然ロシア文字が読めない管理人ですが、
写真右と中央は干しプラム入り、左上はミルクチョコレートクリーム入り(?)でした!
f0169942_2127092.jpg

[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-13 21:34 | ロシア
ギャラリーきのこの日曜ランチメニューに
春の味、アミカサタケをつかった料理が登場しました!本当に桜の時期だけの味、
期間限定。ギャラリーでも無くなり次第終了なので急いで下さいね!
f0169942_20513751.jpgf0169942_20522043.jpg
f0169942_20532274.jpgf0169942_20562448.jpg春の使者、
アミカサタケ 
[PR]
f0169942_22132035.jpg春です!ギャラリーきのこのもより駅王子公園すぐ近く、神戸市立王子動物園の桜も今が盛りときれいです!見頃は今週末まででしょうか?是非皆さんも王子公園やギャラリーきのこに遊びに来て下さいね!
隣接の王子スタジアムではよくアメフトの試合も行われてるんですよ!f0169942_2217261.jpgf0169942_22175163.jpgf0169942_22205728.jpg 
[PR]
f0169942_15401042.jpgf0169942_15392568.jpg
f0169942_15412410.jpgf0169942_15415363.jpg
きのこの山パズルで遊ぶきのこ姫。
f0169942_15412499.jpgf0169942_15442758.jpg
f0169942_15482687.jpgf0169942_15491121.jpg不覚!ぶれてしまったけど、スマーフの腕時計。もちろんきのこ付☆
[PR]
←menu