<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

森の文化祭の翌日、風邪を引いて遅刻して出席・会計してる間にトークの写真を取り損ねました(トホホ)みなさん寒さの中風邪には気を付けましょうって実はまだ風邪ですが頑張ってアップf0169942_21311469.jpgf0169942_2130880.jpg
上:今日も美味しそうな食べ物沢山準備して皆さんをお出迎えして下さった千恵先生を始めギャラリーボランティアの水曜日の松田さん・金曜日の岡島さんに感謝です。残念ながら本日出席出来なかった真奈美ちゃんからも差し入れの日本酒が。
下:日本酒ソムリエによる、日本酒の解説や
新潟の古い和菓子屋さんの珍しい本物の落雁の型を使って作ったキノコ型落雁!by桝井さんf0169942_21321253.jpgf0169942_21332348.jpgf0169942_2135930.jpg
自分で採集したキノコによるキノコ鍋の具を撮影する人。f0169942_21402174.jpgf0169942_21414076.jpg 
前菜のサラダ「毛皮のコートを着たニシン」&ロシアンスピーキングソサエティf0169942_21455949.jpgf0169942_2153422.jpg
「毛皮のコートを着たニシン(сельдь под шубой)」という名前のサラダ。ロシアで家族のお祝い事があるときに、よく作られるそう。 鰊(にしん)をじゃがいもで和えて刻んだビーツで包んだケーキのような外観が華やかでお祝いを盛り上げます。
お家によって色んな飾り方があるようですが、リーザさんが作って下さったものはシンプルなラウンド型。あっという間に無くなってしまっていました。 
 
 ●●┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━┏━━
●∴●  & SPECIAL THANKS!
 ●●  f0169942_22102223.jpg 


桝井さんご夫妻が小雨の中、ギャラリーの玄関扉の看板ステッカーを張り替えて下さいました☆プチリニューアル☆
 
[PR]
ログハウスでは「内覧会」が行われ、日本キノコ協会もパネル展示で参加。
f0169942_19135731.jpgf0169942_1939910.jpg
六甲山で見られるキノコたちの数々展示。 f0169942_1940184.jpgf0169942_19433110.jpg
毒きのこや幻覚性の発生するきのこの紹介、顕微鏡での観察も。 f0169942_202211.jpgf0169942_20225731.jpgf0169942_20235526.jpg
f0169942_20261668.jpgf0169942_20273437.jpg
他にも協賛のハウス食品さんの展示無料PR誌(特集がきのこ!)や
森の自然素材で作られたかわいい作品の展示、ログハウスの前では
アルペンホルンのコーナーもありました! f0169942_2036925.jpg     f0169942_20371399.jpgf0169942_2038337.jpg
★そして、実は2008年 07月 21日六甲摩耶夢案内カウンターの記事が
現実になっていました!
f0169942_2183332.jpgf0169942_2195896.jpg
キノコ協会のお隣、NPO六甲山と市民のネットワーク(RCN)さんのブースでは我が副編集長の「光るキノコTシャツ」販売して下さっていました!感激です!
(この森の文化祭以外でも、毎土日祝・摩耶山六甲摩耶夢案内カウンターにて摩耶山掬星台きらきら小径にちなんだ「きらきらグッズ」の一つとして並べて下さっているとのこと!再度感激!六甲山には実際に光るきのこも発見されており話題提供にもお役に立てるかも?なんて思ったりともかく嬉しいニュースに感激至極です)
f0169942_20425570.jpg

RCNさんではきらきらグッズの他にも様々な素敵な関連商品を販売されています!私が今回購入させて頂いたのはとっても美しい2009カレンダー「神戸・六甲山の花々」/300円
f0169942_2124136.jpgf0169942_2141957.jpg
4月のフデリンドウや5月のオオイワカガミなど、夢のように可愛らしい自然のお花の数々にうっとりです。六甲山の魅力を紹介・発信し続けて下さるRCNさん本当に感謝です!

NPO六甲山と市民のネットワーク(RCN)のHP、是非ご覧下さい。
[PR]
★秋も深まった六甲山、修法ケ原。
今年も「こうべ森の文化祭2008」が開かれました。

「キノコ観察会・ボルシチ販売」と今回はかっこいい看板まであるテント。
f0169942_11493984.jpgf0169942_8543645.jpg
その1 ボルシチ販売 今年はリーザさんのお友達マクシムさんが強力な助っ人! f0169942_912311.jpgf0169942_8552521.jpg
手際よく大鍋でボルシチを仕込んでくれます!きざんだ大量のタマネギ、ニンジン、スペアリブを炒めて、、、f0169942_902681.jpgf0169942_9151224.jpg
肝心要のビーツを投入! これが入らないとボルシチとは言えません!二つの大鍋をぐつぐつ煮込んで、、、大鍋の様子をみるリーザさん。f0169942_9183997.jpgf0169942_9202842.jpg
パプリカ・キャベツ・ローレルも更に入れ、最後にパセリも香り付け。おいしそう !
f0169942_934458.jpgf0169942_9375344.jpg
サワークリームは最後にそれぞれのお椀にトッピング予定でスタンバイ。
パンも用意して準備完了。 11時半からの販売開始時間までしばしの待機。f0169942_943544.jpgf0169942_9405378.jpg
その2 キノコ観察会
11時からの予定のキノコ観察会30分前のテント前受付には参加希望者がぞくぞく集合。
f0169942_1132710.jpgf0169942_1183847.jpg 
観察会前の注意事項ほか説明後、いよいよ公園内のキノコ観察スタート!皆さん興味津々。 
f0169942_11144177.jpg  f0169942_11151693.jpg f0169942_11155815.jpg
いきなり「シイタケ」を発見! こんな処にキノコがーとみなさん感心。小川さん、植田さんの丁寧な説明で観察会は進みます。 f0169942_11175863.jpgf0169942_11185247.jpg
f0169942_11231623.jpg f0169942_1125247.jpg
観察を終えて採集したキノコをブルーシートに並べて同定。約1時間の短い観察会でしたが今回も様々なキノコに出会えたようです。
皆さんこれを機会にまたキノコ観察会に来て、キノコに興味を持って下さいねー。f0169942_11303630.jpgf0169942_11315930.jpg
 
[PR]
1)11月23日(日)こうべ森の文化祭2008
(イベント参加他のためギャラリー営業はお休みとなります、ご注意ください)

★今年も日本キノコ協会はロシア家庭料理ボルシチ販売を担当します!
こうべ森の文化祭2008
--------------------------------------------------------------------------------
開催日時 2008年11月23日10:30~15:00
開催場所 神戸市 再度公園 「森の遊び場」周辺 料金 参加無料 
※物販あり
主催 こうべ森の文化祭実行委員会、神戸市
お問い合わせ先
神戸市建設局公園砂防部森林整備事務所 078-371-5937
◆詳細:こうべ森の文化祭2008

2)11月24日(月・祝)ギャラリーきのこオープン6周年記念パーティ
★ギャラリーきのこお陰様で6周年
場所 ギャラリーきのこ
会費 2,000円 (事前予約をお願いします)
2:00~3:00 トーク「キノコの不思議」
日本キノコ協会事務局長 扇進次郎
3:00~7:00 パーティ
[PR]
☆大好評、お馴染みの日曜ランチの前菜に新しい品が加わりました!☆
ボルシチによく使われるビーツですが、今回はガーリック、とくるみを一緒にすりおろしたものにサワークリームとマヨネーズであえたペーストになりました。
いつものフクロタケのマリネと2種類オープンサンドになってお楽しみ頂きます。私も試食させて頂きましたがこれがかなり美味しいです!色鮮やかなビーツのペースト、見かけは日本人には「梅肉?」って感じかもしれませんが酸味はもちろんサワークリームのマイルドなものなので食べると見かけ程すっぱくないのでちょっと驚くかも?グルジアのお料理にもよく「くるみ」を使う品があるそうなのですがちょっとそんな雰囲気もあるかもしれないロシア風お勧めの味です!ガーリックが効いていてやみつきになりそう。
f0169942_23381132.jpgf0169942_23383392.jpg

メニュー詳細、過去の記事もご覧下さいませ。
毎週日曜は、きのこランチ!
日曜きのこランチの「マッシュルームたっぷり・ビーフストロガノフ」

みなさま是非、ギャラリーきのこの日曜ランチにお越し下さい!
[PR]
f0169942_23111065.jpg
f0169942_2321753.jpg
ロシアアニメについての概要解説、革命前のロシアアニメの誕生や1930年代映画好きのスターリンによる映画界との関連、1933年にロシアでは三匹の子豚等のディズニーのアニメが人気を呼び、以後大変影響を受けていた等の興味深い解説のあと、今回は巨匠イワノフ・ワノ監督の遺作、プーシキン原作の『サルタン王物語』(白鳥の姫が王子を助けるお話)プーシキンの原作を忠実に活かした構成、”伝統的な細密画やロシアの民族版画を大胆に導入した簡潔でナイーブな画調を生み出し、深い詩情をたたえた優雅なファンタジー世界”を堪能。また、そのほか 現在ロシアの子供に一番人気のあるという新作のアニメなどを見る事もでき、普段なかなか日本で上映される事がなく見る事のできないロシアアニメを体験出来ました。f0169942_23101179.jpgf0169942_2313429.jpgf0169942_23295893.jpg   
[PR]
★お知らせが遅くなり、事後報告になりますが、、、MOOKきのこ副編集長堀博美が摩耶山リュックサックマーケットに先月10月に引き続き今月も出店、秋の一日をきのこずくしで皆様にお届け致しました!
f0169942_22401240.jpgf0169942_22421099.jpg摩耶山ロープウェーの駅からのながめもすっかり秋、紅葉がとてもきれい!終点の星の駅の広場で春から秋にかけて第三土曜日に開かれてすっかりお馴染みになった摩耶山リュックサックマーケット。は”出店料、出店申込みは不要です。思い立ったが吉日、お気軽にご参加ください”というユニークなフリーマーケット。毎回参加者も増えてきて、でものんびりハッピーな雰囲気は相変わらずとっても和むのです。

f0169942_2322249.jpgf0169942_2331042.jpgf0169942_2335870.jpg
今回は前回ブログでも紹介させて頂いた、芦屋のフリーマーケットに同じく掘副編集長のお母様との合同出店ということで上の写真はお母様の作品の数々。今回はキノコモチーフも沢山出品されていました!
f0169942_22594171.jpgお店には次から次へとお客様が立ち止まって下さって興味深げに作品を手にとって会話が進みます。特に今回は干し椎茸を加工してブローチにした作品に注目が集まり、皆さん不思議そうに(匂いをかいだり!)興味深そうに質問される中、副編集長も気さくに巧みに商品説明。実際にすぐに買ってすぐにつけられて帰られる方もいてフリーマーケットならではの楽しさがいっぱいでした。f0169942_23122892.jpg
f0169942_23282259.jpgf0169942_23272249.jpgf0169942_2329568.jpg
そんな中、今回ご自身も今回のリュックサックマーケットに出店されていらっしゃるお客様は、なんと嬉しい事にお友達がMOOKきのこの愛読者でまたご自身も何冊かMOOKを購読して下さっていた方も来て下さったりして感激でした。
かわいいニットキャップとキノコブローチもオリジナル!f0169942_23302229.jpgf0169942_233151100.jpg
さらに、なんとこのブログも見て下さっていたというお客様も!管理人も感激です。f0169942_23404481.jpgf0169942_23415591.jpg
丁度10月28日に紹介させて頂いた、副編集長の記事の載った格闘技マガジンの別冊を興味深そうにご覧頂けました!写真のキノコ籠はなんと信州戸隠で購入したあのキノコ籠ではありませんか!非常にかわいらしいページに仕上がってますよー。しかし格闘技マガジンはものすごーく本当に格闘技でしたー。(写真の右参照、体育の教科書みたい?)本当にMOOKきのこきのこ出張編、編集部の方の粋な計らいにはオドロキと感謝です。
f0169942_001029.jpg
お隣のお店の僕、干し椎茸ブローチに興味津々。なんと図鑑でキノコを一杯覚えていて小さいキノコ博士でもありました。すごーい!かわいいチビキノコ博士さんでした。
今日もとてもすてきなキノコ日和、、、
[PR]
☆大感激!当ブログをご覧下さった東京のゴンバ社さんより
お知らせをギャラリー宛にお寄せ頂きました!☆

f0169942_18561728.jpg
第3回ゴンバ社企画
『森とキノコ』~forest gomba~
2008.11.12(水)~11.16(日)
12:00~18:30
(最終日18:00まで)


今回のテーマは
「森ときのこ」!!
森のどうぶつたちとキノコがいっぱいです。
かわいいキノコやどうぶつたちの
ゴンバの森お楽しみに。

ギャラリー孔雀堂
東京都台東区浅草
1-17-10
メトロ浅草駅出口1番より
徒歩2分

ゴンバ社さんは(GOMBA=ハンガリー語でキノコ)のかわいい雑貨、旅、カフェの企画ユニット、キノコモチーフの雑貨の他、ロシアカフェやマトリョーシカ、こけし、等どれもかわいくて興味深いイベントが沢山!ブログもすごく素敵です!
キノコつながりの輪、本当にうれしいです☆神戸でも是非お会いできますように!
私も東京に行きた~い!


◆ゴンバ社さんブログ:http://gombasha.jugem.jp/
[PR]
☆きのこの出てこないきのこ幻想本棚、、、幻想を愛するきのこ好きに☆
f0169942_2113177.jpgうーん、なんでしょうこのアスタルテ書房から召喚してきたかのようなしぶーい文庫本!
しぶーい象徴派風表紙は、”コンスタンチン・リーモフ筆「魔術」:ロシア美術(レニングラード)所蔵” いつもギャラリーにて映画とおはなしの会ほかでお世話になってる楯岡先生にお借りしました!
怪談集とありますが、いわゆる日本の怪談話とは違って幻想怪異譚といった短編集。ロシアの他にもドイツ・アメリカ・イギリス・フランス・東欧・ラテンアメリカ・中国など、世界の幻想文学を集めた傑作短編文庫シリーズの一冊のようです。初版が1990年で残念ながら現在品切れというのがまたにくい!この一冊でロシア文学の流れまでもわかりそうな気になれそうな、私の様な初心者にまでもものすごーく錬られた品の良い贅沢なラインナップがひしひしと感じられます。
収録作品はプーシキン、ゴーゴリ、ツルゲーネフ、ドストエフスキー、チェーホフ、それにナボコフまで超有名なロシアの文豪達というのも驚きでしたが、ロシア初のSF的未来小説を書いたというオドエフスキー「この世ならぬ愛や美に引き裂かれて破滅する!」悪魔主義の作家ソログープ等知る人ぞ知るといった感じの作家が紹介されていて興味が尽きませんでした。ソヴィエト以前のロシアフレーバーにたっぷり浸れた気分です。
それにしても、ゴーゴリーの「ヴィィ」では、ものすごーく俗っぽい神学生たちが帰省中の托鉢でおじいさんからもらう食べ物がなんと”獣脂・サーロ”だったり、夜食用に隠しておく食べ物も「パンのきれはし半プードと”獣脂・サーロ”4フント」だったりと前回記事にさせてもらったサーラが一杯出てくるので読みながらきゃーきゃー叫んでしまっていました。しかもこの「ヴィィ」、1960年代のカルト特撮ファンタジーホラー映画『妖婆死棺の呪い』の原作だったというのもオドロキ!日本での題名があんまりヒドイんで見のがしていましたが、これはやっぱりまた見たくなってきましたよー。発見も盛りだくさんの本でした!
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-11-07 23:01
なんとかわいい!ひろさんの☆ヒメベニテングタケちゃんたち☆幼菌から成菌LOVELY!
f0169942_12244039.jpg
f0169942_12254167.jpgf0169942_1226064.jpg
写真提供 by 「ひろ」 さん ☆Special Thanks☆
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-11-06 12:29
←menu