<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

☆千絵先生がウラジオストック映画祭から帰国、一足先にお土産のサーラを頂きました!☆
「サーラ」って?
「サーラ」とは「豚肉の脂の塩漬」でロシアではお家で作ったりお店で売ってたりするそうですが、どちらかというと普通のご飯に毎日食べるというより、宴会で出されたりとかちょっと特別のものでもあるそうです、レンガのような塊のサーラは薄くスライス、ウォッカとのお共として黒パンにのせて食べるのが一般的とかで今回もにんにくをすり込んだ黒パンにのせて頂きました。頂いたサーラは塩漬けと言いますがそんなに塩辛くなくねっとりとしてクリーミー、私はかなり好きな味で何枚も食べてしまいました!
日本のロシアレストランではほとんど見かけることができないけど、とってもロシアっぽい食べ物のようです。
「サーラ」がとても印象的に使われているロシア映画があるそうです。
1950年代のロシア映画、レーニン賞受賞・国際映画祭数十回の受賞全世界的に成功した映画(カンヌ映画祭に出品された年はフェリーニが『甘い生活』ベルイマンが『処女の泉』を上映した年でもあり、パゾリーニ監督もこの映画に感動し絶賛したそう)、グレゴーリイ・チェフライ監督の『誓いの休暇』にも主人公の青年が出会った娘にサーラのサンドイッチをあげる印象的なシーンがあるそうです!

参考)
ソヴェート映画史七つの時代、ネーヤ・ゾールカヤ著 扇千恵訳 ロシア映画社 2001年
f0169942_23403692.jpg
f0169942_2341624.jpgf0169942_23411638.jpg

黒パンの酸味とサーラこれがぴったり合うのです!ウォッカがかかせない味。

次回10月の不思議なお茶会(10月17日(金))では、
千恵先生の「ウラジオストック映画祭報告」の予定です!
ロシアのお話、映画のお話、様々なおはなしが楽しみです、
皆様是非ギャラリーきのこにお越し下さい。
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-29 00:31 | ロシア
今回はロシアではなくチェコの映画のお話、、、
カレル・ゼマン監督「チェコのメリエス」(映画誕生期に特撮を得意とした)と呼ばれ、ティールロヴァー・トルンカと並び称されるチェコアニメの巨匠。幻想空間に酔いしれます。
f0169942_22585618.jpg 
f0169942_230786.jpgf0169942_2325256.jpgf0169942_231215.jpg 
 
f0169942_2312293.jpgf0169942_23134233.jpgf0169942_23303552.jpg
               
f0169942_23325883.jpgf0169942_23342273.jpg
ロシアのアニメとはまたちがったチェコのアニメにうっとり、

☆ギャラリーきのこでは月一回こんな風に色んな映画の興味深くて楽しいおしゃべり会を
行っています、興味を持たれた方は是非ギャラリーきのこにお問い合せを!
[PR]
栄町の東欧雑貨店で発見・ポーランド製のキッチンクロス
f0169942_12301240.jpgf0169942_1231611.jpg
f0169942_12315056.jpgf0169942_123205.jpg

[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-28 12:35
f0169942_13221142.jpgJR兵庫駅前ショップの前を歩いていて目を疑いました!ワゴンにつってありました!キノコシャツ!Tシャツです!夏物最終セールでしかも税込み驚異の1000円!写真はバックプリントです、正面も全く同じ柄で大盤振る舞い、超ファンシー!
キノコグッズは縁のもの、というわけで購入してしまいました。
しかし私には何故か金曜スタッフだった亮子ちゃん・アンリョコ画伯のイラストにも見えてくるわ、なんとなくロシア正教の教会にも見えてくる気がしたり、、、しませんか?
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-27 13:59
吉見昭一先生の墓参と大文字山のきのこたち‏☆「きのこもん集合?」☆ 
平成20年9月21日(日)
☆去る、9月第三日曜我がJ-FASにもかつて講演・ご指導を頂いた腹菌類・地下生菌研究者吉見昭一先生の墓前に、きのこもん(?)会員9名集合、新会員は教育者でもあられた先生のお人柄もしのぶ事ができ、これからのきのこライフ(?)に精進することを「マッシュルームビジョン」のお香を先生にあげさせていただいたりしてかみしめ、本日の会は始まったのでした。
本日の会の模様をマダラーノフがお伝えします。
f0169942_19213052.jpg 
 見昭一 教道院光岳真照居士 3月25日没。 享年74才。 
秋のシーズンの皮切りとしてようやく念願の吉見先生の墓参を果たすことができました。なんと霊位にはキアミズキンタケの記載と図像が線刻されており吉見先生らしい墓だと感嘆しました。大雨で世界中が洪水に見舞われそうな一日でしたが、墓参も大文字山も雨はまったく鳴りをひそめていました。?」f0169942_19265270.jpg吉見先生を慕ってあつまったMOOKきのこクラブの人たちと墓前で吉見先生をしのび桝井さん持参の先生のおもちゃ箱をひっくりかえしたようなたのしい「京都のきのこ図鑑」を回し読みしたりして半刻ほど過ごしたのち安田さんのゲレンデの大文字山へ向かいました。f0169942_19321423.jpg  この日は京洛を東奔西走の一日でそれはそれは楽しい一日となりました。大文字山を降りると同時に土砂降りの雨となり、カフェで雨宿りののち、謎のモニュメントを探し暗くなるまでカフカの「城」のような迷宮の旅をつづけタイムリミット。 
 この日のきのこ交友録は種名の確定できたものだけで45種、判断留保のきのこたちが20種近くあり、この日は吉見先生のお導きかと思われるくらい腹菌類が多く出現。たそがれ時のスッポンタケのどでかい卵の群れには一同驚きをかくせなかったようです。
f0169942_19342961.jpg 次回に 楽しみをちょっぴり残した形で河原町のミュンヘンで乾杯して別れるつもりがまたまた話がもりあがり、結局私は終電車の客となってしまいました。でもMOOKきのこクラブの楽しみはアフターきのこの集いにこそあり、きのこに触発された静かな興奮にみちて真摯に自身の直面する課題について語るひとときは年齢を超えた青春そのもの。死がわたしたちを追い越すその日まで青春しようぜと確認しあって別れました。MOOKきのこの次なる目標は・・・ひ、み、つ。
[マダラーノフ]

☆むむむ、ひみつとはなんだか、、、ですが神戸の西の端・山を越えて、最終バスに間に合うよう帰還せねばならず中座した管理人以外のきのこもんの語らいはその後さらに盛上っていたようです。なによりのきのこ日より。

以下は本日出会えた大文字「銀閣寺山」ほかで出会えたキノコたち。
f0169942_19383726.jpg

吉見先生のお計らいか、今日は沢山の腹菌類に会えました。
f0169942_19444168.jpgf0169942_1946288.jpgf0169942_19485149.jpg

f0169942_19512415.jpg

                ▲チシオタケ
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-24 19:54
☆川西きのこクラブの澤山輝彦さんの日本画グループ展にマダラーノフが出向きました☆
f0169942_18263595.jpg

去る9月13日の土曜日、仕事がすこし早く終わりましたので、あきらめていた川西きのこクラブの澤山輝彦さんの日本画グループ展に飛んで行ってきました。毎回新しい境地をかいまみせる澤山さんの作品ですが、今回は白を基調としたもので占められ、いつもながらの謎めいたものでしたが、各作家とも日本画とは思えない画業を示すことで私にとってはとても興味深い展覧会のひとつです。毎年道頓堀のギャラリー香(かおり)で開かれるこのグループ展、来年は川西きのこクラブもきのこでも面白い展開がみられそうでとても期待しています。そうした交友の彼方にさてどんな作品があらわれるか、私はこちらのほうにとても関心をもって彼の作品を見つめています。 [マダラ]
f0169942_1827327.jpg

[PR]
☆いつもはちょっと・やや気持ち悪ーいきのこくんさえも(ゴメン)愛溢れるあまり、一杯写真におさめ続けるキノコ青年(ゴメン・ゴメン)ですがもちろんきれいで可愛いキノコも一杯とってくれてます!キノコに貴賤なしですが管理人が独断と偏見で可愛いきれいなキノコの写真を提供してくれー・これきれいやん!こうゆうのががいいねん☆こうゆうのを送ってよー等々としつこくお願いしてたらようやく送ってくれました。ありがとう・感謝です!神戸近辺キノコ青年の探訪地にて今年発見分
f0169942_10504482.jpgf0169942_10564526.jpg
f0169942_10443781.jpg
f0169942_1059221.jpgf0169942_1053228.jpgf0169942_10554214.jpg
    以上写真提供全て:byキノコ青年

f0169942_10135019.jpg左は今年の6月の川西きのこの会で出会えたハナオチバタケ、夏から秋まで、広葉樹林内のつもった落ち葉の間に発生する、とても小さいけど美しい可憐な本当に妖精の様なキノコ。雨の後に発生する事が多いけど同時にその雨ですぐ色あせてしまうので、この色は見れそうで見れない・見れるとラッキー☆なきのこだったんですねー。
f0169942_1026032.jpgf0169942_1027412.jpg左)ハナオチバタケが群生している様子の精巧な模型、大阪市立自然史博物館にて
右)大好きなキノコ画の第一人者小林路子さんによるハナオチバタケの妖精☆
 
こうゆうのが大好き・だからやっぱりきのこってかわいいんだよなーとご満悦。
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-20 11:21
☆会員・修法ヶ原で指導員もして下さっている小川さんよりイベントのお知らせを頂きました☆
  会員の方でなくても誰でも参加OK、詳細は下記及び、直接担当まで
  お問い合せ下さいとの事です!

f0169942_1022576.jpg
f0169942_10213976.jpg会場の
伊丹市立野外活動センター

***************************************
中秋の名月は過ぎてしまいましたが、月・星を眺め、日頃車の運転で飲めない鬱憤を晴らし、大いに酒を飲み・騒ぎ・交流を深めましょう!
 翌日は子供達と童心に返って、魚すくい・エビ採り、キノコ狩りを楽しみませんか?
二日酔い寝不足ながらもエネルギーを発散し、わずかではありますがメタボの解消・予防?をしようと言う企画です。
 家族・親戚・近隣・同僚など、日本キノコ協会会員でなくても、大人子供を問わず参加自由です。皆様との交流を楽しみにしています、大勢のご参加をお待ちしております。

日 時 : 9月26日(金) PM14:00~27日(土)AM11:00
       (26日 14:00以降何時に現地集合しても構いません)
場 所 :伊丹市立野外活動センター TEL 079-569-1292
      三田市木器南下山1266ー10
      (千刈貯水池 西 関学キャンパスすぐ西方向)
夕 食 :バーベキューを予定
      My箸・食器はご持参必要
     ・肉は用意しますが、後の食材は各自持ち込み(バーベキューにしたいものを持ってき     て下さい(野菜・魚介類・練り製品、酒類適当量)
     ・夕食用おにぎり
朝 食 :各自持ち寄り(パンなど)
宿 泊 :バンガロー(定員7名 @1,400円)を予約中ですが、
     人数次第で山小屋(定員44名 @5,500円)に変更可能です
     寝具は備え付けですが、夜冷え込むのでシェラフ等が合った方が良いとの事
費 用 :1人 2,000円 (子供半額) 余れば返金予定
     (宿泊施設料金・食材費・バーベキュー場利用料(100円)薪・炭料金に使用
アクセス:①JR三田下車 神姫バス「小柿」「籠の坊」「高平小学校」行き乗車
      「木器」下車 徒歩25分
      ②JR三田下車 神姫バス「波豆川」行き乗車
      「市民健康村」下車 徒歩20分
      *PM18:00までに新三田駅に到着可能の方はマイカーで迎えに行きます。
      (下記の2名にご連絡の程を)
      *現地駐車場代は無料です
持ち物: 着替え・帽子・シュラフor毛布等・網・虫かご・水槽・雨具・長靴・運動靴・タオル
      薬・虫さされなど

担当連絡・申し込み先
      田村二十史(西宮市) 079-786-5514 or 090-6246-3679
      小川 淳  (明石市) 078-934-1223 or 090-1488-6962

   
[PR]
下記の観察会は2009年5月より「神戸キノコ観察会」として
引き続き活動されています。
お問い合せ:「神戸キノコ観察会」

2008年9月14日(日)に行われた観察会
f0169942_18495826.jpg日本キノコ協会の誇る定点観測・六甲修法ヶ原の観察会の9月例会。そう言えば今年入会だったけか?な新メンバーにして既に常連の会員や、ベテランの会員の方々にさらにはHPを見てギャラリーに来店さらにこの観察会にも初めて参加して下さった方も!指導して下さっている頼もしいJ-FASの指導員!本当に全ての方に支えられている会、本当に感謝です。そして今日もまた、六甲山修法ヶ原は様々な魅力で迎えてくれました。
本当に多彩なキノコと出会えるかけがえのない観察会!

f0169942_18332075.jpgf0169942_18343795.jpg
 ▲ウコンハツ                       ▲マゴジャクシ
 その他六甲修法ヶ原で出迎えてくれた多彩なキノコたちの一部
f0169942_18355331.jpgf0169942_18382168.jpgf0169942_18365513.jpg

f0169942_18394020.jpgf0169942_18424221.jpgf0169942_1841520.jpg

[PR]
2009年~2016年f0169942_1937213.jpg
◎日本キノコ協会とは
日本キノコ協会(Japanese Fungus Appreciation Society)は、国際的に通用するきのこ趣味人の育成をめざして設立されました。
◎21世紀の世界に通用するきのこ趣味人とは
自然と人間(=反自然)のバランスを常に考えながら、けな気に、したたかに、生きぬく。こんな人間像がわたしたちのめざすきのこ趣味人の理想です。
J-FASの定点観察会、川西きのこクラブ、MOOKきのこクラブほか、各地の環境教育機関主催のキノコ観察会の指導など、アウトドアでのきのこ探訪会は、その一方の極である自然世界を淡々とみつめつづけること。
そうすることで浮き彫りにされてくる存在自体が反自然である私たち人間の立ち居振る舞い。
◎ギャラリーきのこはそのバランスを回復する「場」
これら相反する自然と人間世界の乖離をきのこ目を養うことでしっかりと見据え、それぞれの個性的な表現に定着させることで、告発とはいささかニュアンスの異なる人間世界のバランスを回復する文化運動がわたしたちの想定するギャラリー活動です。
J-FASがアートするきのこたち展以来一貫して追求してきたテーマは、こうした自然を愛し、知識を愛する21世紀の地球人としてのあたらしいライフスタイルを提言していくことでした。そんなテーマにもっともふさわしい生き物がきのこだと確信した人たちの集いの場がJ-FASであり、ギャラリーきのこであるのです。
◎第三期の活動のスタートはギャラリーきのこから
本年は1クール8年を単位とするきのこ暦にもとづき活動を展開してきたJ-FAS第二期の最終年に当たります。この春、人生の一大転機を迎えた事務局長の個人的な輪廻転生も含め、きのこ豊穣の秋を全身で楽しんだその勢いのままに、MOOKきのこ全13巻で明示したきのこ趣味世界の多元化へ向けて新たなスタートを切りましょう。明けていよいよ迎えるJ-FAS第三期、その展開の中心となるのはJ-FAS女性会員の有志で独自に切り盛りしてきたギャラリーきのこというささやかな「場」であることは言を俟ちません。
まずは手はじめに新しい時代のきのこ趣味人像をめざす会員相互のきのこ交流会・きのこ塾をこの冬からスタートさせたいと考えますので、MOOKきのこの世界にぞっこんの会員のみなさまはぜひご参集のほど。そしてこの中からそれぞれの創意を生かした新しいきのこ趣味の世界への提言も果たしていきましょう。 (マダラーノフ記)
[PR]
by gallery_kinoko | 2008-09-15 19:40
←menu