カテゴリ:不思議なお茶会ほか報告( 30 )

★北村康一グルメ亭・ギャラリーきのこ★
f0169942_1555849.jpg 先日10月26日(日)ギャラリーきのこにおいて北村康一さんによる、北村康一グルメ亭「きのこで芋煮会」が行われ9名にておいしい北村さんのお料理を楽しむことができました。
f0169942_1565482.jpgf0169942_15182369.jpg






日本語堪能な留学生の既に会にはおなじみのリュドミーラさん、モスクワから金曜日に神戸についたばかり、はたまた11月にモスクワに留学予定の現役学生さん等ゲストも多彩な会になりました!
本日のメニューの数々、きのこ一杯、芋子汁もf0169942_1514510.jpg f0169942_15151327.jpg
f0169942_15101775.jpgf0169942_15114413.jpg
上は料理に急遽投入されることになった、本日神戸近郊でとれたキノコたち !
&水道筋商店街で購入のイスタンブール産?!の松茸

★おまけ・リュドミーラさんのお土産ロシアのバナナチョコレート★f0169942_15203429.jpg
[PR]
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg先日10月17日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。
今年も引き続きウラジオストック映画祭にゲスト参加された千恵先生、今年のウラジオストック映画祭の模様を報告して下さいました!ウラジオストック映画祭の千恵先生のレポートはロシア映画社のHP上でも発表の予定です。

「ウラジオストック映画祭報告」
ロシア・ソヴェート映画研究家 ロシア語翻訳・講師 ギャラリーきのこ代表 
扇千恵氏
参加者19名(&サーシャちゃん)f0169942_16484432.jpg f0169942_1650051.jpg
f0169942_16501979.jpgf0169942_1650388.jpgf0169942_1652653.jpg
ウラジオストック映画祭公式プログラムとメイン会場 f0169942_16533799.jpgf0169942_16544097.jpg

去年までのレポートも上記のロシア映画社のHPにてご覧頂けます、合わせてご覧下さい!  
ロシア映画社2007年ウラジオストック映画祭レポート 扇千恵 
ロシア映画社ウラジオストック映画祭審査員を務めて 扇千恵
[PR]
今回はロシアではなくチェコの映画のお話、、、
カレル・ゼマン監督「チェコのメリエス」(映画誕生期に特撮を得意とした)と呼ばれ、ティールロヴァー・トルンカと並び称されるチェコアニメの巨匠。幻想空間に酔いしれます。
f0169942_22585618.jpg 
f0169942_230786.jpgf0169942_2325256.jpgf0169942_231215.jpg 
 
f0169942_2312293.jpgf0169942_23134233.jpgf0169942_23303552.jpg
               
f0169942_23325883.jpgf0169942_23342273.jpg
ロシアのアニメとはまたちがったチェコのアニメにうっとり、

☆ギャラリーきのこでは月一回こんな風に色んな映画の興味深くて楽しいおしゃべり会を
行っています、興味を持たれた方は是非ギャラリーきのこにお問い合せを!
[PR]
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★キノコ料理を楽しむ会・ギャラリーきのこ★
f0169942_0293037.jpg恒例の千恵先生によるキノコ料理を楽しむ会、
今月9月7日(日)は
「ロシア料理に挑戦!」おいしいロシア料理を
頂くことが出来ました!
f0169942_0253816.jpg
前菜:キノコとプチトマトのロシア風スパイスのマリネ
f0169942_025543.jpg
スヴィーナ・ザピチョ・ナヤーズ・グルブヌィム・ソーウサム
(豚マリネのオーブン焼きキノコソース)
一度マリネした豚肉のオーブン焼き、キノコソースはロシア料理でよく使われるサワークリームとディル(香草)入り
f0169942_02677.jpgf0169942_028439.jpg
グリヴィザピチョーヌィエ・ヴ・ガルショーシキ
(きのこの壺焼き)ロシアの壺焼きはパイ生地でなくパン生地をかぶせて焼いてあります。

今回サワークリームを使っていますがロシアでは日本ではあまり手に入らないケフィアヨーグルト他、もっと沢山ので乳製品が豊富にありお料理にも沢山使われるとの事、またロシアのサラミやラードを使った保存食等興味深く美味しそうな食品がまだまだあるとのお話も聞けました、今月12日から千恵先生が映画祭でロシアに行かれるのでまたお土産にいくつかご紹介頂けるかも?!どれもとってもおいしそうです!
[PR]
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg先日9月5日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

マリーナさんが神戸大学での2年間の研究生活を終え、ベラルーシへ帰国します。今回の不思議なお茶の会は彼女にお礼をこめてフェアウェルパーティー。

「マリーナさんお元気で!」
今夜はいつものリーザさんの腕によりをかけたロシア料理に加えて、マリーナさんのベラルーシの家庭料理も出てかけつけた会員たちはおおよろこび。おまけに、彼女のロシアンフォークソングを披露していただきました。いつもとても謙虚にチョコンと座っているだけだった彼女の歌声は参集した会員たちを感動させるに十分でした。とてもすばらしい美声の持ち主で私もびっくり。そんなこんなであっという間にパーティの夜は更けて・・・。            [マダラ]
f0169942_233459.jpg

写真真ん中、ブロンドの髪・いつも優しい微笑みでお茶会に参加して下さっていたマリーナさん。(7月のお茶会に出席して下さっていた模様)あっという間の2年間、昨年のお茶会ではマリーナさんのベラルーシのお話も聞かせて頂きました。きのこ料理の会では来日されたマリーナさんのお母さんと可愛い娘さんともご一緒出来、楽しい日・ベラルーシのきのこ談義も聞けました。本当にお会い出来なくなるのがさみしいです!
f0169942_2394394.jpgf0169942_2311423.jpgf0169942_23115375.jpg

[PR]
◇異文化との出会いはきのことの出会いと同じような作用を感じる◇
     ★不思議のお茶会・ギャラリーきのこ★
f0169942_18513485.jpg先日8月15日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

 「子供アーティストたちによるミニコンサート」
 出演:山本龍(12歳チェロ奏者、サンクト・ペテルブルグ国際コンクール最高位、
ウラジオストック国際コンクール優勝) ほか帰国中の留学生たち
f0169942_14194494.jpgf0169942_1420861.jpg

f0169942_14212575.jpgf0169942_14234795.jpgf0169942_14243321.jpg
f0169942_14224364.jpg

ロシアに音楽留学をして帰国してきた子供たちの演奏会。
どの子どもたちも音楽にたいする情熱であふれかえっており、将来とても楽しみです。伴奏の多くはお母さんがかって出てくれました。とくに山本龍くんのチェロはとても素晴らしいもので、同席したお兄さんが弟の精進ぶりに心底驚いていたのがとても印象に残りました。
金城泰代(チェロ) 伴奏 金城素子
数藤朱莉(フルート) 伴奏 数藤喜美子
利幸加(ファゴット) 伴奏 藤井千秋
藤井茜(ピアノ)  数藤朱莉(フルート)
山本龍(チェロ)                               【マダラーノフ】
[PR]
★きのことの出会いと異文化との出会いは同じような作用を感じる・不思議のお茶会…★
f0169942_18513485.jpg先日7月25日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

ガリーナさんの出身地RUSEやご専門のプロジェクト、ブルガリアについて、宗教・歴史・自然・地理・建築・生活文化など美しい写真を中心にお話下さいました。

ブルガリアについて語る
神戸大学 交換プログラム研究者(遺伝子工学) ガリーナ・ザムフィローヴァさん
参加者9名(&サーシャちゃん)f0169942_8513136.jpg
ブルガリア人のガリーナさんはこの春、神戸大学に来られた交換プログラム研究者、本日一緒に来て下さっているベラルーシのマリーナさん(同大交換プログラム研究者)と同じく遺伝子工学がご専門。ペレストロイカまではブルガリアではロシア語教育が施行されていたので、今回はロシア語でお話下さいました。通訳は会員の真奈美ちゃん

f0169942_858577.jpgf0169942_974194.jpgf0169942_9152671.jpg
f0169942_9164890.jpgf0169942_9165959.jpgf0169942_9171034.jpg
f0169942_9154029.jpgf0169942_9155547.jpgf0169942_912223.jpg

夏休みでブルガリアからガリーナさんの16歳のとってもハンサムなアレクセイくん(なんとガリーナさんが開発した穀物(2007年にEUに登録)には息子さんにちなんだ「ALEKSI」という名称をつけられたそう)もお母さんのお話を横で見守ってます!お話の後は恒例のおいしいリーザさんのお料理!
f0169942_9312731.jpgf0169942_9313837.jpgf0169942_9314977.jpg

f0169942_9343152.jpgf0169942_9344089.jpg

★本当にいつもきのことの出会いの様な驚きでいっぱいの不思議のお茶会…
[PR]
f0169942_16593716.jpg先日6月22日(日)ギャラリーきのこにおいて北村康一さんによる、北村康一グルメ亭が行われ9名にておいしい北村さんのお料理を楽しむことができました。

f0169942_22205822.jpgお料理の準備をする北村さん、本日のメニューは、いかの粒マスタードソースかけ、鶏肉のアボカドソースかけ。いつもながら新鮮なイカほかの食材が北村さんの手でさらにまたおいしく頂けるようになってて至福の時間でした!  また本日は京都の洛西・大枝からKAKI HOUSEさんと建築家のおともだちも来られ大変楽しい会となりました。
f0169942_22211394.jpgf0169942_2221263.jpg

当日は午前中多田銀銅山での観察会があり、キノコミナライのデジカメの電池が切れてしまい写真がとれなかったのですが、事務局長から写真をご提供頂きました、ありがとうございます!デザートには柿ハウスさんの絶品のチーズケーキも頂けたのですが残念ながらお話が非常に盛り上がって写真がとれなかったのが残念です!洛西・大枝は丹波・丹後両国国境の大江山と並んで酒呑童子伝説のある地であったりと非常にキノコ的(?)で心惹かれるキノコミナライです。来年の6月以降はいちげんさんおことわりの形態になるそうなので、今の中に出向かねば!今回も盛りだくさんのギャラリーきのこでした。
[PR]
f0169942_18491731.jpg先日6月13日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

「亮子の不思議なお茶会」

先日6月13日はいつもの会と少し違う催し、
『長い間ギャラリーを支え、名コックとしても皆から愛されていた亮子ちゃんが結婚、
転居のためギャラリーを去ることになりました。この日は彼女を囲んで楽しいひととき
を過ごしましょう』という案内の通り、金曜日のきのこギャラリーをリーザさんとともにいつも
おいしいお料理を作ってくれていた亮子ちゃんのフェアウエルパーティーでした。

☆扇事務局長より当日の様子の写真を提供頂きましたのでご覧下さい。
f0169942_22341539.jpg
Anne Ryokoさんのお別れ会。ギャラリーきのこの看板娘として本当にきのこ普及のために尽力していただきました。ギャラリー会員、友人たちと乾杯をする亮子ちゃん。
f0169942_22345162.jpg松永さんのフラダンスと金山さんのギター演奏
f0169942_22351414.jpgモスクワの音楽コンサートで児童チェロ部門で優勝し、しばし日本に帰って来た山本少年が素晴らしい演奏を聴かせてくれました。9月また留学先のロシアへ戻る前にギャラリーきのこでも演奏会をしてくれます。


パーティは、亮子ちゃんの門出をお祝いしての様々な催しも行われ、亮子ちゃんを囲んで大盛況、本当に亮子ちゃんありがとう、そしておめでとうございます。
[PR]
f0169942_18513485.jpg先日5月30日金曜日にギャラリーきのこで行われました、
不思議のお茶会の報告をさせていただきます。

さまよえるアルメニア人?~世界中のアルメニア人デイアスポラ~
神戸大学大学院 国際文化学研究科 異文化研究交流センター学術推進研究員
松井 真之介氏
参加者12名(&サーシャちゃん)
  
参加者を前にお話しして下さる松井氏
f0169942_11202251.jpg

(すみません!ピンボケですが)アルメニアの位置
f0169942_11204889.jpg

日本人にとっての富士山のようなアルメニアのシンボル(ノアの箱船が漂着したとされる)アララト山(ただし、なんと現在はトルコ領)
f0169942_11205813.jpg

和やかな質問タイム
f0169942_11211457.jpg

おはなし後のお楽しみ:いつも美味しいお料理ありがとう!リーザさん・りょうこちゃんのお料理(ピロシキはベイクドタイプなのです!)
f0169942_11213289.jpg


日本ではどうしても情報も少なくなかなかまだ見知らぬ国と思いがちなアルメニアですが
なぜ、松井氏がアルメニア研究を始められるようになったかのいきさつから始まって
アルメニアの数々の被征服の歴史と現在
興味深い言語・宗教・文化の紹介
世界中にちらばるアルメニア人ディアスポラ
(アルメニア人の約半数は国外へ逃亡を余儀なくされた)
その歴史・ジェノサイド・中東政変、ソヴィエト崩壊による新たなディアスポラの紹介
松井氏が特に注目しておられる、多くのアルメニア人が住む移住先フランスでの事例
などをわかりやすくお話し頂きました。
  商工業の担い手として各地にネットワークを広げて活躍するアルメニア人ディアスポラは
各地で商工業で成功する人が多いそうなのですが、その他にも米国の劇作家・小説家
ウィリアム・サローヤン フランスのシャンソン歌手・俳優のシャルル・アズナブール
(アルメニア系名字アズナブリヤンのフランス語風改名) 米国のテニスプレーヤー
アンドレ・アガシ(アガシヤンの名字、アルメニア・アッシリア系父親を持つ)など
意外な有名アルメニア系人の多さにびっくりしました。ロシア人の名字に××スキーなど
が多いようにアルメニア人には××ヤンがつくのですね。とても面白かったのは
映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで印象的だったあのタイムマシンの
デロリアン((80年代のカルト・カー!)がまた、創始者ジョン・ザッカリー・デロリアンが
理想の車を作るためにおこした会社とその車の名前であり、その名前からわかるとおり
アルメニア人ディアスポラの1人だというもの。
  そんな興味深い話題の中、第一次大戦中1915から起こったとされるジェノサイドについての大変痛ましい歴史は本当に考えさせる重い歴史であり、アルメニアが悲劇と背中あわせであるということも大変印象的でした。
  松井氏のおはなしで今回も本当に素晴らしいお茶会となりました。
  ありがとうございます。
[PR]
←menu