カテゴリ:催しの予定(ギャラリー)( 61 )

**************お知らせ*******************************************

   ギャラリーきのこ 6月

「DVDで見られる映画」の会 第10回目】 のお知らせ



***************************************************************************

日時:6月14日(土)16時~
f0169942_1345299.png 今回取り上げる作品は
日本未公開
ゲオルギー・ダネリヤ監督『ミミノ』(Георгий Данелия “Мимино”/ 1977 / ソ連)
グルジア語で「鷲」を意味する「ミミノ」。そうあだ名されるグルジア人でヘリコプターのパイロットヴァリコ・ミザンダリが、モスクワに行き、夢にまで見たジェット機のパイロットになって経験する珍騒動。

雪解け期の金字塔『私はモスクワを歩く』や超B級SF『不思議惑星キン・ザ・ザ』のダネリヤ監督が故郷グルジアをテーマに手掛けた傑作コメディ。



日本語解説付き。



資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
ギャラリーきのこ 5月10日(土) 16:00~

「DVDで見られる映画」の会 第9回目 のお知らせ

***************************************************************************
日時:5月10日(土)16時~



今回取り上げる作品は

アレクサンドル・ソクーロフ監督『ファウスト』2012年

Постер к фильму "Фауст"
f0169942_555493.png



資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋


ギャラリー きのこ」主催
第3回 無声映画を楽しむ会のご案内

作品  『御誂次郎吉格子』(1931)  
監督  伊藤大輔
主演  大河内伝次郎
弁士  ひさご亭游花

日時  2014年5月18日(日) 午後3時 上映会
               午後5時 懇親会
場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
会費  上映会 1,000円  懇親会 1,500円
定員  15名 

[申し込先]  扇千恵 fax. 0795623651 mail. chie@kih.biglobe.ne.jp
  定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早目にお申込みください。
[PR]
**************NEW!お知らせ*******************************************
   ギャラリーきのこ 4月 
「DVDで見られる映画」の会 第8回目】 のお知らせ

***************************************************************************
日時:4月26日(土)16時~

今回取り上げる作品は

ロネ・シェルフィグ監督『幸せになるためのイタリア語講座』(“Itarian for Bigginers”/ 2000 / デンマーク)

f0169942_2132512.jpg


資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
※ 講師の都合により、当日取り上げる作品がソクーロフ監督『ファウスト』になることもあることをお断りしておきます。

ご了承ください。

*******************


新たな場所、形で活動するギャラリーきのこです

≪ロシア・ソヴィエト映画特集 in 関西≫



国際交流基金の招聘で来日されるマクシム・パヴロフ氏の講演会を行います。

ソ連の貴重な映画上映もありますので、ぜひお出かけください。

講演はいずれも無料、

映画は京都は無料(DVD上映)、神戸は有料(フィルム上映)です。



【京都】場所:元立誠小学校(最寄駅:阪急四条河原町)

立誠小学校シネマプロジェクト

▼ 3月21日(金・祝)

12:30〜 『七月の雨』(無料)



14:30~16:00  マクシム・パヴロフ氏講演

「ソヴィエト・ヌーヴェル・ヴァーグ-雪解け期の知られざるソ連映画」



聞き手:伊藤順二(京都大学・コーカサス近代史)、小川佐和子(京都大学・映画史)

司会:楯岡求美(神戸大学・ロシア演劇) 通訳:西田容子



主催:国際交流基金

共催:神戸大学国際文化学研究科メディア文化センター

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



【神戸】場所:神戸映画資料館(最寄駅:JR新長田)

▼ 3月22日(土)・23日(日):公演は22日のみ



ロシア・ソヴィエト映画 連続上映

第8回 サイレント黄金時代とエルムレル



((((((上映時間の訂正))))))

チラシに誤字がありました。訂正してお詫び申し上げます。

3月22日(土)

正 = 17:30「新バビロン」 誤 = 17:30

「呼応計画」

http://kobe-eiga.net/schedule/2014/03/



* 「帝国の破片」と「新バビロン」の上映スピードは18

コマ(1秒間に進むコマ数)を予定していましたが、試写の結果

16コマが適切であると判断しました。それにより上映分数が予定より長

くなります。

休憩時間の短縮等の処置でタイムテーブルに大きな変更は無い予定です

が、ご了承ください。



■ 上映作品

「帝国の破片」

(1929/100分[18コマ]→112分[16コ

マ]/無声/35mm)

東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

監督:フリードリヒ・エルムレル



「新バビロン」

(1929/102分[18コマ]→115分[16コ

マ]/無声/35mm)

東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

監督・脚本:グリゴリー・コージンツェフ、レオニード・トラウベルグ



「呼応計画」

(1932/110分/35mm)

監督:フリードリヒ・エルムレル、セルゲイ・ユトケーヴィチ



主催:神戸映画資料館、アテネ・フランセ文化センター



詳細

http://kobe-eiga.net/program/2014/03/#a002125



▼ 3月22日(土)

講演:フリードリヒ・エルムレルとソ連無声映画の黄金時代

(1925-1930)

講師:マクシム・パヴロフ(国立中央映画博物館 副館長)

主催:国際交流基金

共催:神戸大学国際文化学研究科メディア文化センター



詳細

http://kobe-eiga.net/event/2014/03/#a002126
[PR]
(今回は土曜日です、お間違いなく)

日時:2月22日(土)16時から 


取り上げる作品

ヴィタリー・カメンスキー監督『動くな、死ね、蘇れ!』(1989) 105分。

 第二次世界大戦後のソ連、子供たちもまた、学校という場で厳しい状況を生きなくてはならない。そんな中、小さく淡い恋心の行方は・・・

場所:ギャラリーきのこ、秘密の小部屋

********
f0169942_12524138.jpg

[PR]
********************************
f0169942_6255235.jpg

日時:1月26日(日) 16:00 ~

オタール・イオセリアーニ監督『ここに幸あり』(2006)

 原題は『秋の庭』・・・はたしてどんな幸せがそこにあるのか、

お正月に幸せなことについて考えてみたいと思います。

 

場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
資料代: 1000円 (学割 500円)

*********************************


f0169942_6231415.jpg

[PR]
11月にお知らせした以下のご案内ですが、
大変残念ながら、中止になりましたのでお知らせいたします。

+++++++++++++++++++++
「NPO京都の文化を映像で記録する会」理事長、濱口十四郎さんの
事務所を訪ねる旅です。
ギャラリーでの無声映画の会で弁士を務められた遊花さんもご一緒してくださいます。
 日時 12月14日(土)2:00
 集合場所 嵐電「太秦広隆寺」駅
 申し込み先  090-4762-1046 小嶋勉
++++++++++++++++++++++

楽しみにして頂いておりました上記企画ですが
残念ながら中止となりました、

またの機会をご期待ください。
[PR]
2013年10月24日
日時:10月27日(日)16:00~
場所:(旧扇兄弟社)(☆地図
資料代:1000円

アレクセイ・ゲルマン監督『わが友イヴァン・ラプシン』(1984)
1930年代のソヴィエトの小さな町で脱獄犯による連続殺人が起こり、何とか捕まえようとする刑事たちとその周囲の日々を描く。ソ連を代表する寡作ながら印象的な作品を作り続けたゲルマン監督の自伝的作品。
f0169942_1255142.jpg


[PR]
2013年9月25日
10月20日に今年2月に好評だった「無声映画を楽しむ会」の第2弾をおこないます。
f0169942_12473489.jpg

[PR]
2013年9月5日
f0169942_1613333.jpg

例会学習会『第35回モスクワ映画祭報告』扇千恵

 日時 9月17日(火)19:00~20:30

場所 神戸映画サークル事務所 グストハウスギャラリー

    神戸市中央区楠町5-3-11 tel.078-371-8550

会費 一般500円

神戸映画サークル
9月例会学習会番外編『第35回モスクワ映画祭報告』及びアフターシネマ
[PR]
2013年8月8日 更新★
DVDで見る映画会のお知らせ

直近のお知らせで申し訳ありませんが、
とりあえず、再開第1回として、下記の上映会を行うことにしました。
アニメではありますが、動く絵画(芸術作品)と考えていただければと思います。

参考:ゴーゴリ『鼻』のワンシーン
f0169942_12385640.jpg

日時:8月12日(月)16:00~
場所:(旧扇兄弟社)(☆地図等わかり次第アップ予定)
資料代:1000円

「アレクサンドル・アレクセイエフ(1901-1982)アニメ特集」

取り上げる作品:『禿山の一夜』 、『展覧会の絵』、『鼻』など

ムソルグスキーやゴーゴリに題材をとった、高度にアートなアニメを作り出した知ら
れざるアーティスト。
17歳でロシアからフランスへ亡命。以降、アメリカなどで活躍し、ロシアに戻るこ
とはなかった。
ピンスクリーンという独特な手法は、ピンをびっしり立てた板に、ライトをあてて陰
影を作る幻想的な手法である。
[PR]
←menu