カテゴリ:ロシア( 16 )

昨年11月神戸に来られたブラフ博士からのロシアのお土産、
今頃ですがご紹介、どれも可愛いです☆
f0169942_2056437.jpgf0169942_20573723.jpg







白樺細工のジオラマ風お人形。クマさん、と森で出会ってビックリ?の民族衣装の女の子、
かたわらにキノコが・・・
f0169942_210135.jpgf0169942_2104037.jpg






こちらも民族衣装が可愛いロシア娘。髪型はウクライナのユリア・ティモシェンコ元首相と同じ三つ編みを巻いた髪型ですね。きのこ狩り中?バスケットの中には沢山のキノコ!
f0169942_20583834.jpgf0169942_205998.jpg







ロシアのおじいさん、
どこにキノコかですって?
へへへ、なんと帽子がサルノコシカケになっているのです!


[PR]
by gallery_kinoko | 2010-03-17 21:01 | ロシア
f0169942_1824764.jpg☆シルバーウィーク中にようやく見る事ができた、お借りしていたロシア映画2本。
ギャラリーきのこで初めて頂いたロシアの食べ物が丁度それぞれ映画の中に登場しました!
(左は『誓いの休暇』でおいしそうにサーラを食べる娘。) 


ピローク
『石の花』より、お祝いの席で出されるピロークのシーン、おばあちゃんの手作り!すっごい巨大です、豪華。
f0169942_1832098.jpgf0169942_185561.jpg
第53回 不思議なお茶会でギャラリーきのこでリーザさんが作ってくれたピローク。 f0169942_1815314.jpgf0169942_1824183.jpg

サーラ(脂身)
『誓いの休暇』より、配給品のサーラを偶然貨車で一緒になった娘と食べるシーン。娘は町育ちでサーラは知らず食べたことがなかったと言う設定のよう、でも食べてみるとすごくおいしい事がわかって夢中で食べています。
f0169942_1817022.jpgf0169942_18201146.jpg
f0169942_18283395.jpgf0169942_18272411.jpgf0169942_18291076.jpg
ロシアンフード:「サーラ」を初めて頂きました!2008年 09月 29日記事より。脂身とは言っても生ハムみたいで私は好きです。
f0169942_18315634.jpgf0169942_18332175.jpg   
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-09-27 18:38 | ロシア
f0169942_19253527.jpg千恵先生が編集されているロシア文学研究会の会報誌、既に30数年の歴史の全国的にもめずらしい研究者の方々の発表誌です。2年ぶりの発行ですが、トルストイ生誕180周年・ゴーリーキイ生誕140周年の記念特集号で内容もさらに充実。「ギャラリーきのこ」で販売しています。
是非お手にとってご覧下さい。
おまけ
今号の「むうざ」執筆者の輿水さんと真奈美ちゃんのきのこグッズ!
f0169942_19333022.jpgf0169942_19334911.jpg
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-09-14 19:35 | ロシア
☆管理人が大好きなロシアの画家・絵本作家・舞台芸術家ビリービン。先日のボブロフ教授のおはなしでもとりあげられました、日本ではビリービンの絵本の翻訳は一部しかなく、また絶版になっていたりしてなかなかご存じになる機会も少なく思いますが、本当にこの美しく優美なビリービンを是非多くの方に知って頂ければと思います。

千恵先生所蔵のソ連時代直後に発行された版、ロシアにて購入のビリービン
ロシア民話集の絵本(ロシア語版)

中綴じの分冊本がマチ付封筒型の表紙に収まっている。作りはむろん簡便になっているが、初版時の絵本の構成は比較的忠実だと思われる。物語のシーンは見事な演劇的表現で構成され、頁の全てがロシアの伝統的手法を取り入れた高度で優美な装飾的デザインで統一されており、細部までどの頁も、本全て本当に見飽きない。しかし、日本で入手するのはかなり難しそう・・・
f0169942_2034393.jpgf0169942_20142368.jpg
管理人所蔵のビリービン英語版「Russian Fairy Tales」
アマゾン等で比較的入手しやすいが、イラストの装飾的構成はまったく無くなっている上、色調は非常に薄暗い。しかしイラストの量は比較的豊富で、かつロシア語が読めない私には英語版は非常にありがたい。(写真左・「サルタン王物語」のイラストが使われている表紙。写真右:「麗しのワシリーサ」の頁、かなり平板で薄暗い印刷になっている)   f0169942_20362978.jpg f0169942_20375043.jpg
息を飲む色彩・印刷だった初版本!
昨年、京都近代国立美術館で開催された『生活と芸術 -アーツ&クラフツ展』で展示されていたヴィクトリア&アルバート美術館蔵のロシア帝室印刷局が発行した(初版と思われる)「麗しのワシリーサ」。図録では残念ながら表紙しか載っていないが、実際の展示では赤の騎士と黒の騎士のイラストの見開き頁が展示されており、黒の騎士の背後の夕暮れの太陽の色は薄暗い展示の中で本当に吸い込まれそうに鮮やかで美しく、本当に輝いて見えた!この上なく贅沢な絵本に目を見張った!!まさに宝石の様な豪華絵本だった事がわかる。f0169942_202414100.jpgf0169942_20213811.jpg
ビリービンの作品はロシア帝国末期のこの上ない贅沢な絵本だが、革命後のソ連時代でさえも絶版になることなく愛され続けた、(最初に紹介した千恵先生所蔵の絵本もあるようにソ連時代も途切れることなく廉価版が発行されていた。)また切手のモチーフにもなっていたようで、旧日本キノコ協会所蔵のきのこ切手コレクションにもきのこが多く描かれているビリービンの切手はキノコ切手として所蔵されていた。写真は1998年発行の『きのこブック』 同書内にて「ロシアのきのこ」というタイトルで扇進次郎氏が紹介している。f0169942_20404699.jpgf0169942_20413867.jpgf0169942_20262048.jpg
左:麗しのワシリーサより、臼に乗り箒で臼の跡を消しながら移動・登場するバーバヤガー、いつもつっけんどんで、機嫌が悪そうです。それでもってものすごい大食らい。足下には沢山のベニテングタケが。
右:同麗しのワシリーサより、赤の騎士。おそるおそるワシリーサが彼は誰なのかと質問してババヤガーの答えるには「奴は別の召使いさ!めぐりくる赤い太陽、あいつもお前を傷つけたりはしないさね、そんで、他には?」とそっけないです。3人の騎士は召し使いらしいのですが、まあ色々謎のお婆さんです、ワシリーサに色々難題をふっかけるのですが、結局約束は果たして助けたりもするし。f0169942_20192651.jpgf0169942_20194540.jpg
     
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-09-11 21:57 | ロシア
7月一杯、ジュンク堂書店大阪本店の2階にてロシアフェア実施中
「ギャラリーきのこ」もロシアきのこグッズ(グジェリ焼き)ほか出品させて頂いてます!
ようやく管理人もフェアの様子を見る事ができました、フロアの方にご了解を得け、
フェアの模様をアップさせて頂きます!
-------------------------------------
ムックきのこ」バックナンバーもずらり!可愛いきのこ表紙が好評です!
f0169942_18503730.jpgf0169942_18591122.jpg
なんと、「ムックきのこ」のバックナンバーもいつもの生物学専門誌フロア(意外?)から移動して展示して頂けてます!(写真上)そしてロシア民話絵本やチェブラーシカの絵本に交じって千恵先生の本も!(写真下)
『ソヴェート映画史-七つの時代-』
ネーヤ・ゾールカヤ著 扇千恵訳、ロシア映画社、2001年3月
f0169942_18573540.jpgf0169942_1901019.jpg
フェアの全景、ギャラリーでもあつかっているロシア産はちみつとグジェリ焼きのきのこグッズ。 f0169942_18491789.jpgf0169942_19111642.jpg
かわいらしいマトリョーシカグッズやその他ロシア気分が高まるポスターやサモワールまで(これは多分非売品)あって可愛らしいコーナーに仕上がっていて管理人も感激。さりげなく、「ギャラリーきのこ」のおしらせも設置させて頂いてます!「ムックきのこ」のバックナンバーも見やすく展示して下さってて大感激。(フェア後も通常の生物学コーナーで引き続き取扱予定)皆さんも残り少ない期間となりますが、是非 会場にお立ち寄り下さい!
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-07-26 19:28 | ロシア
オーナーには今月17日(日)のギャラリーきのこのイベント講師として「ワインの楽しみ方-初級編」でお世話になりました!管理人は当日残念ながら参加出来なかったのですが・・・
人気のお店の大阪・福島でロシア料理スタンディンググリルバー
強力な助っ人のお陰で「ボーチカ」さんへとうとう行くことができました!ロシア料理やお酒についても本当にきさくに詳しく教えて下さるスタッフさんやオーナー、カウンターはさらにアットホームな感じで大感激しました。 
f0169942_2254745.jpgf0169942_2272228.jpg
ドリンク:ロシアビールのバルチカ、ウォッカは色んな種類があります!私はお酒が飲めないのでローズソーダを頂きました!色がとってもきれいです!爽やかな味。 f0169942_22112296.jpgf0169942_22171369.jpgf0169942_2295376.jpg
ボルシチ:ビーツたっぷりのボルシチ。サワークリームを浮かべてチャイブ(あさつき)が散らしてあってきれい!よーく混ぜてピンク色のボルシチにしてクルトンにたっぷりボルシチを染み込ませて頂きました、さっぱりしてておいしい!
前菜の盛り合わせ: サラミは黒パンににんにくをすりこんでのせて食べました。もうすっごくおいしいです!色が本当に美しいビーツのイクラあえやきのこのマリネどれもおいしくて幸せ~。f0169942_22224860.jpgf0169942_22242054.jpgf0169942_2311561.jpg 
サラダ:ビーツのホットサラダ、セロリにつけて食べました。
シャリアピンステーキ:日本に訪れたオペラ歌手、フョードル・シャリアピンの求めに応じて作られたという牛肉を使ったマリネステーキの一種、タマネギがポイントみたい、ボーチカさんのシャリアピンステーキはみじん切りのピクルスも入っていてこれまたおいしいのです!あつあつがたまりません!付け合わせののほくほくチーズポテトにはリーザさんもよく使うお馴染みのハーブ・ディルが散らしてあります!これまたすごくおいしい!f0169942_22332912.jpg f0169942_2236651.jpgf0169942_239369.jpg 
ウォッカ:プーチンさんが大好きというウォッカ・その名もプーチンカ!ウォッカのボトルは凍らせてあるそうです&かじりながら飲む用レモンこれでさらに食がすすむんですって!
デザート:その名も「白夜」  ビーツできれいな色に染まっているヨーグルトとクリームのパフェ、中にはプラム等のドライフルーツが入っててやさしい味。写真とるの忘れたけど、自家製のおいしいリンゴジャムで頂くロシンアンティと一緒に頼みました。もう大満足。f0169942_2244167.jpgf0169942_22483215.jpgf0169942_22543368.jpg 
f0169942_22595128.jpgf0169942_231444.jpg
まだまだ一杯おいしそうなお料理があって目移りします。ビーツは本当にきれいな色なだけでなくビタミンや鉄分が豊富で改めてロシア料理にかかせない優秀な食材なんだと感激。デザートにも使われたりとボルシチだけでない豊富な調理法も新鮮でした!ビーツの保存方法としてはなんと「砂に埋める!」のが良いというミニ知識も!うーん本当に楽しい!おいしいロシア料理と素敵なオーナー・スタッフさん本当にありがとうございました!是非又行きたい!ロシア通もロシア初心者もロシア好きはもちろん本当にお勧め!おいしいロシアに感激です!こじんまりした店内はあっという間に一杯になるので、ディナーは予約がベターみたい。私たちは木曜日にお邪魔しましたが、満席。翌日週末金曜日の予約の電話もひっきりなしでしたよ~。
--SPECIAL THANKS-----------------------
ロシア料理
スタンディンググリルバー
ボーチカ (阪神福島駅 徒歩1分)
■ランチ 11:45~14:00(月・土休み)
■ディナー 18:00~24:00
■定休日 日祝
大阪市福島区福島1-6-20
tel 06-4799-8311
         
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-06-19 23:51 | ロシア
ギャラリーきのこ 日曜日の新メニューです!
f0169942_19285020.jpg
『ポルチーニ入り蕎麦の実のカーシャ』
乾燥ポルチーニ(ヤマドリタケ)と、その戻し汁で煮込んだ蕎麦の実の豪華なカーシャです。
(「カーシャは、米やソバを固めの粥状に炊いたものなので、調理法上ロシア風のおかゆ、と「おかゆ」と訳される事が多かったですが、最近は「ピラフ」と訳されていることも多いようです。実際に見た目も水分の多い日本のおかゆよりピラフって感じです。)

そして、このギャラリーきのこの蕎麦の実のカーシャはもちろん、キノコ入り!乾燥ポルチーニの風味がさらに味に深みを出してます!ロシアで食べるよりもおいしい(?)との既に評判も得ていたりしたますが・・・本当に多分ロシアでも食べれない豪華なカーシャです!是非みなさんも日曜ランチでこの「ポルチーニ入り蕎麦の実のカーシャ」をお試し下さい!管理人も一足先に試食させて頂きましたが、本当にコクがあって絶品でしたよ~!

おまけ:春祭りの五毛天神さん
f0169942_19281038.jpg写真では見えにくいですがギャラリー前の坂道にはなんとずっと「しめ縄」がはられています!
ギャラリー前の坂のつきあたり、五毛天神さんの春祭りなのです。
管理人は残念ながら見ることが出来ませんでしたが、この坂を「だんじり」が通るのでした!やはり写真では見えにくいですが坂のもっと上の方には露店も出ていてお祭り気分が一杯。
ギャラリーきのこの前が神さまの通る道に変身してます。

--☆ギャラリーきのこ前を行くだんじりの模様☆--------
f0169942_12192448.jpg 
だんじり当日はギャラリー定休日のはずなのに(?)どうやってか呼び出されて現れたらしきキノコ野郎から、ギャラリー前のだんじり写真を提供されました。ほんまに謎な奴です。
写真提供:radical@キノコ野郎
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-05-05 19:37 | ロシア
 あれっ?チェブラーシカ。  ワニの ゲーナも・・・
f0169942_6372563.jpgf0169942_6382120.jpg
f0169942_6382416.jpgJRの車内マナーキャンペーンでした!
大阪環状線にて。

”チェブラーシカの
守ろう*マナー”
みんなが迷惑しないためにも。
車内での大声、
大騒ぎはやめましょう。
ピオネールならぬ、日本の中高生っぽいキャラクターがチェブと一緒に!
f0169942_6432112.jpgf0169942_645038.jpg
ちなみに現在JR西日本では『あいたい兵庫・デスティネーションキャンペーン』実施中! 兵庫県のマスコット可愛いはばたんが改札に登場してます!(これはJR三宮駅) 
こんなキャンペーンキャラクターに採用されたり、ロシアの国民的パペットアニメ・『チェブラーシカ』も大夫日本でもメジャーになってきましたよね!やっぱり可愛い。それにしても騒いでる中高生たち(?)は新しくロシアのパペットアニメ作家が作ったのか、それとも日本のアニメ作家が作ったのか?ちょっと気になるところ。でもとっても良くできていて、本当に新作ができたの?って気にさせられますよね。
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-29 06:59 | ロシア
千恵先生のロシアのお土産チョコレート☆
(大阪・サンクトペテルブルグ姉妹都市提携30周年記念フェスティバル
 参加バレエ団の通訳引率)
うっく、残念ながら全然ロシア文字が読めない管理人ですが、
写真右と中央は干しプラム入り、左上はミルクチョコレートクリーム入り(?)でした!
f0169942_2127092.jpg

[PR]
by gallery_kinoko | 2009-04-13 21:34 | ロシア
ロシアのかわいい冬(きのこ編)
きゃー、かわいい!楯岡先生からロシアのかわいい冬のイラストを一杯送って頂けました!
そのうち、キノコ関係のものを皆様におすそ分け!
●ウサギ新年 (カゴの中にはキノコが入ってますよー)
f0169942_204447100.jpg
●きのこリス(抱えているのはやっぱりヤマドリタケ?)
f0169942_2045409.jpg

ロシアのクリスマスは旧暦なので1月7日、旧暦新年は14日なので、年が明けても2週間ぐらいはお祝い気分・お休み気分です。

-だそう!

-1月のエピファニー(公現祭)はカトリックやプロテスタントの教会でもお祝いされますが、ロシアではイエスの誕生記念日としてむしろこちらがメインなんですねー。

◆ロシアンアニメサイト
そして、なんと更にロシアニメサイトもご紹介頂けました!

ロシア語サイトですが、最近見つけたものです。
ロシア・ソ連のアニメが一通り見ることできるみたい。すごい。
http://mults.spb.ru/mults/?id=358#cook
これは『灰色おおかみ&赤頭巾ちゃん』
あと、http://mults.spb.ru/mults/ を開くとアルファベットでアニメのタイトルが出てきます。 なんでもあるみたい。

本当に素敵なアニメが一杯です、是非皆さんも見てみて下さい!
こんなロシアもあるのです。
楯岡先生ありがとうございます!

さて、ギャラリーきのこ今月の不思議のお茶会では、
リーザさんの「ロシアン・ピロシキへのご招待」と題した会の予定です。
どんな、かわいいロシアに会えるでしょうか、楽しみです。
みなさまもどうぞお楽しみに!
[PR]
by gallery_kinoko | 2009-01-11 21:36 | ロシア
←menu