2014年3月5日

≪ロシア・ソヴィエト映画特集 in 関西≫

国際交流基金の招聘で、

モスクワのロシア国立映画博物館の副館長が来日され、

それにあわせて、日本ではこれまであまり知られていない、

エルムレルのサイレント作品と60-70年代ヌーヴェルヴァーグにスポットを当

て、講演会とあわせて上映を行います。



京都(映画・講演とも無料です)

3月21日(金・祝)) 京都・旧立誠小学校 シネマ

http://risseicinema.com/info (近く、情報掲載になると思います)

12:30 『七月の雨』

14:30 「ソヴィエト・ヌーヴェル・ヴァーグ ―雪解け期の知られざるソ連映

画」

  講演:マクシム・パヴロフ

  聞き手:伊藤順二(京都大学・コーカサス近代史)、小川佐和子(京都大学・映

画史)

 司会:楯岡求美 通訳:西田容子



神戸(映画上映は有料です)

3月22日(土) 神戸映画資料館

http://kobe-eiga.net/event/2014/03/#a002126

 11:30『呼応計画」

 13:40『帝国の破片』

 15:40 「フリードリッヒ・エルムレルとソレン無声映画の黄金時代(192

5-1930)」

  講演:マクシム・パヴロフ

  司会:楯岡求美  通訳:熊見直子

 17:30『新バビロン』

(3月23日にも上映会あり)



東京

3月23日(日)に

アテネ・フランセーズで関連企画があります。

こちらは日本初演のヌーヴェルヴァーグ作品、『愛する』を上映します。

http://www.athenee.net/culturalcenter/program/s/s2014t.html

3月23日(日) 17:30-上映「愛する」(73分)

18:45-トーク「ソ連の知られざる雪解け文化と映画」

出席:マクシム・パヴロフ(ロシア国立中央映画博物館副館長)、沼野充義(ロシア

東欧文学研究者)、池田嘉郎(近現代ロシア史研究者)

*13:00から整理券を配布 無料



(当日、他にも13:40-「一年の九日」(100分) 15:50-「モスクワを歩く」(73分)

 の上映があります。こちらは有料です。)

*******************
[PR]
←menu