いよいよ始まる「ロシア学ことはじめ」講座ご案内

「ギャラリーきのこ」では今年2011年前期(4月~6月)と後期(10月~11月)に分け、ロシア文化各分野で研究されている専門家をお呼びして、入門的なお話を楽しく聴かせていただき、知識と交流を深めようという集まりを企画しました。お友達お誘いの上多数ご参加ください。

お話し  2:00~3:30 会費:1,500円(茶菓子付き)
交流会 4:00~6:00 会費:1,000(要予約)

第1回 4月8日(土) 『現代ロシアのオカルト事情』
     講師 藤原潤子(総合地球環境学研究所上級研究員)
     専門 文化人類学 主著『呪われたナターシャ』
第2回 4月23日(土) 
     『イコン画家アンドレイ・ルブリョフと同時代の中世美術
     -教会建築とイコン』
     講師 富田知佐子(関西学院大学他講師・朝日カルチャーセンター講師)
     専門 西洋美術史 主著『エルミタージュとサンクトペテルブルグ』
第3回 5月14日(土) 
     『年代別ロシア映画 1920~60年代を中心に』
     講師 前田恵(同志社大学講師)
     専門 ロシア・ソ連映画論 共著 『ロシア祈りの大地』
第4回 5月28日(土) 
     『ロシア社会を写す鏡としてのサッカー』
     講師 大平陽一(天理大学教授)
     専門 ロシア文化論 主著『ロシアサッカー物語』
     共著 『映画的思考の冒険』
第5回 6月11日又は18(土) 
     『ペレーヴィンと現代ロシアSF』
     講師 宮風耕治(ロシアSF小説)
     主著『ロシア・ファンタスチカの旅』

後期にはサーカス(大島幹雄)バレエ(北岡千夏)ロシア正教(有宗昌子)
文学(渡辺聡子)演劇(楯岡求美)ユダヤ問題(赤尾光春)を予定しています。
お楽しみに。
[PR]
←menu