2016年8月12日更新★ご案内です★

ギャラリーきのこブログにお越しくださりありがとうございます。
当ギャラリーは
2013年4月21日をもちまして神戸市灘区福住通の店舗は閉店
させていただきましたが
その後の活動等のお知らせのために、ブログはWEB上に存続させて
いただいております。以下は新しいお知らせとなります


**************NEW! ******************************

   ロシアンフェア2016のご案内

****************************************************

今年もあります、ロシアン・フェア2016
2016年10月8日(土)~10日(月・祝) 11時~19時
ロシア語図書(絵本・語学テキスト・辞書・文学作品他).翻訳書
ロシア・ポップスCD・ロシア映画DVD
グジェリ・置物・アクセサリー・雑貨
会場: 元町映画館2階
f0169942_14244034.jpg

プチ・シアターでの楽しいイベント
9日(日)13:00~13:40 ロシア・ロマンス、映画音楽コンサート500円 
歌手 ミレナ・ヌル
14:00~15:00 講演「神戸におけるロシア人亡命者の歴史」 無料    
柿沼エレーナ(「ロシア学校ミーシカ」ディレクター)  ロシア語 通訳あり
10日(月)13:00~14:00 講演「現在日本に住むロシア人」 無料 
ヴォロシュツォーヴァ アンナ(「ロシアカルチャーセンター」代表) 日本語
9日~10日11時~17時 
ロシア人ママたちの手作りピロシキ・ブリヌィ(クレープ)・サラダ 販売


***********************************************************
新たな場所、形で活動するギャラリーきのこです!
[PR]
# by gallery_kinoko | 2016-08-12 12:48
DVD8月の会:暑気払い編

*******************************************************************
「DVDで見られる映画」の会 【第31回目】 のお知らせ
日時:8月11日(木)16時~

『イースト/ウエスト 遙かなる祖国』
監督 レジス・ヴァルニエ    フランス、ロシアその他合作 (1998) 121分
*******************************************************************

戦後、冷戦期に特赦によってソ連へと帰還したアレクセイとフランス人妻の運命を描いたラヴ・ロマンス。

出演: サンドリーヌ・ボネール、オレグ・メシーコフ、カトリーヌ・ドヌーヴ、セルゲイ・ボドロフ・ジュニア他

アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。
場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋


f0169942_1019234.png
f0169942_10191475.png

[PR]
# by gallery_kinoko | 2016-08-08 10:19
**********************************************************

「ギャラリー きのこ」主催
      2016年度第2回  無声映画会のご案内

*******************************************************************


 今年1月31日に開かれた無声映画の会では、小嶋勉さんの謡とのコラボレーションが大好評でした。一年に2回は開きたいね、という皆さまの希望により、7月に下記の要領で開催します。皆さま、ぜひ、ご参集ください。

日程  7月31日(日)午後2時より
作品  『伊豆の踊子』(1933)松竹
      原作 川端康成
      監督 五所平之助
      主演 田中絹代、大日方傳ほか
弁士  ひさご亭遊花
会場  秘密の小部屋
定員  18名
会費  2,000円

上演後、持ち寄りで懇親会をおこないます。参加者は好きなお酒と好きなおつまみをご持参ください。
定員に達し次第、受付を締め切らせていただきますので、どうぞお早めにお申し込みください。  申し込み先 扇千恵 fax 079-562-3651 chie@kih.biglobe.ne.jp

では、お楽しみに!

場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
# by gallery_kinoko | 2016-08-08 10:12
*******************************************************************
「DVDで見られる映画」の会 【第30回目】 のお知らせ
日時:3月27日(日)16時~
監督 騎馬オペラ・ジンガロ『エケストル』(1991~1993) 93分
*******************************************************************

中央アジア、コーカサス、北アフリカのベルベル族、様々な文化における馬と人との交わりを描く奇跡のオペラ。

2月に続き、いよいよバルタバスの本領、ジンガロによる伝説の騎馬オペラです。


f0169942_15163934.png

f0169942_15165626.png

[PR]
***************************************************
日時:2月13日(土)16時~

監督 『シャーマン』(1996)
***************************************************

ロシア・フランス合作

馬たちの見事な演舞で世界中を魅了する「ジンガロ」の主催者バルタバスの監督作品。

1950年代のロシアの収容所。モスクワのバイオリン奏者ドミートリーとヤクーツクのシャーマンが主人公。

二人は厳しいシベリアの流刑地の収容所から逃走する。

残酷な追手が迫る中、シャーマンはドミートリーに神秘の力の秘密を話す…
f0169942_19434590.png
[PR]
神戸大学国際文化学部
 芸術文化論コース
「弁士付きサイレント映画上映会」
1月20日(水) 12:20~14:00
場所:神戸大学国際文化学部 F102
  (JR六甲道または阪急六甲より市バス16番、「神戸大学国際文化学部前」下車)
f0169942_16461873.jpg

f0169942_16481719.jpg
Silent Movie with Voice Actor 1/20 (Wed)



弁士:大森くみこ

【上映作品】

洋画『月世界旅行』 (1902) --Georges Melies A Trip to the Moon

漫画作品『おもちゃ映画特集』 --Old Cartoons

洋画コメディ『イッツアギフト・スナブポラード』

     --Short Comedy “It’s a Gift” by Snub Pollard

日本物『國士無双』 (1932)  --Samurai Film

※入場無料 Admission Free  予約不要
[PR]
「ギャラリー きのこ」「秘密の小部屋」での公演でおなじみの弁士、ひさご亭遊花さんによる無声映画の会を開催します。今年5月にモスクワの文化センターで開かれた映画会でも80名を超える観客に大好評をもって迎えられました。同行された小嶋勉さんの謡とのコラボレーションも再現していただきましょう。皆様のご参加をお待ちしています。(定員15名)

演目   『雄呂血』(1925) 二川文太郎監督
日時   2016年1月31日(日) 2:00 開演
会場   秘密の小部屋
会費   2,000円


[懇親会]
 5月にモスクワへ同行された「NPO京都の文化を映像で記録する会」の理事長濱口十四郎さんのお話を交えた懇親会を予定しています。お時間の許す方は引き続き、ご参加ください。会費1,000円


                 申し込み先 扇千恵
                      Tel. 079-562-3651
chie@kih.biglobe.ne.jp
[PR]
# by gallery_kinoko | 2016-01-16 16:51
**************NEW! *******************************
「DVDで見られる映画」の会 【第28回目】 のお知らせ
日時:1月17日(日)16時~
ジャック・ドゥミ監督 『シェルブールの雨傘』(1963)
***************************************************
懐かしの名画。

あの、明るく軽やかに見えた映画の陰に、実は戦争に象徴される現代社会に翻弄される人間の疎外が描かれているのです!

だって、ヌーヴェル・ヴァーグなのですから。一筋縄にはいきません。

改めて見直してみませんか。



出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(ジュヌヴィエーヴ)ニーノ・カステルヌオーヴォ(ギィ)マルク・ミシェル(カサール) エレン・ファルナー (マドレーヌ
f0169942_16361271.png


場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋

***********************************************************
新たな場所、形で活動するギャラリーきのこです!
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-12-29 14:13
***************************************************
「DVDで見られる映画」の会 【第27回目】 のお知らせ
日時:12月20日(日)16時~
アンドレイ・マーモントフ監督 『ナイト・アベンジャー』(2011)
***************************************************
f0169942_12565760.png

原題は『リアルおとぎ話』。

年末、ちょっとリラックスということでおとぎ話のフュージョン映画です。

ロシアのおとぎ話の登場人物たち大集合!

アレクセイ・ゲルマン監督の衝撃作『神々の黄昏』主演のレオニード・ヤルモールニクも参加!


<一輪の薔薇に変えられた妹を救え!>

どんなお話になるのやら・・・



出演:セルゲイ・ベズルーコフ、レオニード・ヤルモールニク(アレクセイ・ゲルマン監督『神々の黄昏』、アンナ・ジャーマン、
f0169942_1333662.png


場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋

[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-12-10 12:56
2015年度ノーベル文学賞を受賞したベラルーシ(白ロシア)の女性ジャーナリスト、スベトラーナ・アレクシエービッチを主人公としたNHKドキュメンタリー作品『ロシア 小さき人々の記録』(2000年)を鑑賞し、日本でも翻訳されている彼女の著書『戦争は女の顔をしていない』『ボタン穴から見た戦争』(群像社)を紹介します。(扇千恵)

日時  2015年12月23日(水曜日、祝日)午後2時
場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋

会費  1,000円

 なお、このあと小山さんの「キノコ鍋」を囲んで二次会を開きますので、それぞれお勧めの一品をお持ち寄りください。


             問い合わせ先  輿水則子 090-8930-2089
[PR]
**************NEW!*******************************
「DVDで見られる映画」の会 【第26回目】 のお知らせ
日時:11月22日(日)16時~
マルレン・フツィエフ監督 『私は二十歳』(1964)
***************************************************
f0169942_12105082.png

ソ連版青春群像劇『7月の雨』(1966)の先行作品。

雪解けの時代の始まりに明るい未来を見ようとした若者たちの姿を描く。

今年四月に元町映画館で行われた「映画版ビブリオバトル」優勝作品!

出演:ヴァレンティン・ポポフ、ニコライ・グベンコ、マリアンナ・ヴェルティンスカ

場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-11-19 09:44
**************************
「DVDで見られる映画」の会 【第25回目】 のお知らせ
日時:10月25日(日)16時~
ヴォイチェフ・イエジー・ハス監督 『サラゴサの写本』(2006)
***************************
f0169942_12294217.jpg

旅行家・考古学者・民俗学者でもあったポーランドの貴族ヤン・ポトツキの小説『サラゴサ手稿』(工藤幸雄訳、国書刊行会/ただし抄訳)。
19世紀初頭にロシアで秘密出版されたといういわくつきの作品をタデウシュ・クフャトコフスキが1964年に映画化した。
コッポラ、スコセッシ、リンチなど映画人たちが熱狂したというカルト的作品。

出演: ズビグニェフ・ツィブルスキ, イガ・ツェンブジンスカ, エルジュビュタ・チジェフスカ
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-10-25 12:29
****************************
「DVDで見られる映画」の会 【第24回目】 のお知らせ
****************************

日時:9月27日(日)16時~
ニコライ・レーヴェジェフ監督 『ウルフハウンド』(2006)



現代ロシアのファンタジー・アドヴェンチャー映画!

女神モラナの呪いによって太陽と秩序が失われた世界。モラナに仕える黒仮面の騎士に一族を皆殺しにされたグレイ・ドッグ族から唯一生き残ったウルフハウンドは悪の支配を撃ち破ることができるのか・・・

監督は5月の会で取り上げた『東部戦線1944』も手掛けている。

f0169942_18544777.jpg
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-09-24 18:55
f0169942_13573238.jpg

[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-08-28 13:57
「第15回ロシア文化講座のお知らせ」
次回ロシア文化講座を、9月26日に大阪ユーラシア協会で開かれるサロンへのご案内に替えさせていただきます。チラシをご覧の上、参加いただける方はご連絡ください。また、サロン終了後、近くにありますロシア料理カフェ「ボーチカ」にて懇親会を行ないます。予約が必要ですので、こちらも一緒にお申し込みください。 扇千恵 chie@kih.biglobe.ne.jp tel.fax.079-562-3651

f0169942_13532138.jpg



扇千恵
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-08-28 13:36
************6月のお知らせ ********
**(1)***********************
第13回ロシア文化講座のご案内
***************************

2006年10月7日、「ノーバヤ・ガゼータ(新しい新聞)」紙記者アンナ・ポリトコフスカヤが殺害された。彼女は1999年夏からチェチェンに通い、住民に取材して記事を書き続けてきた。その活動はロシア内外で高い評価を受け、日本でも2004年に三浦みどり訳『チェチェン やめられない戦争』( NHK出版協会)が出版されている。
 2002年、モスクワの劇場占拠事件で武装グループから仲介役を指名され、交渉役をつとめた時の情況も含め、彼女の死の前後数年間に亘りロシアのジャーナリズム界を襲った事件を伝えるドキュメンタリー番組「誰がアンナを狙ったか」(2007.9.8NHK放映)と彼女の著書を紹介します。
(話題提供 扇千恵)

 日時 6月27日(土) 2:00より 
 会場  : ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
 会費  1,000円+一品持ち寄り
 連絡先  輿水則子 090-8930-2089


                
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-06-17 13:13

**(1)***********************
第11回ロシア文化講座のご案内
***************************

宝塚市のNPO法人で開催していたロシア文化講座を「ギャラリーきのこ」の主催に変更して継続することになりました。
毎回異なったテーマでドキュメントフィルムを鑑賞し、ロシアの文化について話し合います。これまで取り扱った主なテーマは現代のロシアンポップス、吟遊詩人の系譜、映画『運命の皮肉』鑑賞、アンナ・アフマートワ、ヴィソツキー、ニコ・ピロスマニ、映画『ピロスマニ』鑑賞、ゴンザとソウザ、ムソルグスキー『展覧会の絵』、チェチェン戦争、映画『コーカサスの虜』鑑賞などです。
日程は不定期で次回開催日を参加者で決めていきます。ご興味のある方はご参加ください。
次回開催日 4月18日(土) 1:00より

テーマ 「シャガールとその作品」 話題提供 扇千恵

場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋

会費 1,000円+一品持ち寄り

世話人 輿水則子 090-8930-2089                 knfmf461@ybb.ne.jp

****************************
「DVDで見られる映画」の会 【第20回目】 のお知らせ
****************************

4月19日(日) 16時~

ミハイル・カリク監督.『愛する』(1968)

雪解け時代、幻の作品。「愛」をめぐる4つのオムニバス。

冒頭、雑踏の中で行われる街頭インタビューや、アレクサンドル・メーニ司祭へのインタヴューなど

ドキュメンタリー的な部分は、ソ連の当時を伝える貴重な記録となっています。

場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋


日本語解説付き
f0169942_12443583.png
 
[PR]

************3月のお知らせ 今月は2つあります!********
**(1)*************************
国際交流基金協力企画
マクシム・パヴロフを迎えて
「知られざるロシア映画・上映とトーク:第一次・第二次大戦と映画」
@神戸映画資料館
【神戸会場】3月27日(金)16時30分―20時50分 @神戸映画資料館
****************************

スタレーヴィチ『ベルギーの百合』(アニメ)、プロタザーノフ『スペードの女王』、アブラム・ローム『襲撃』
―二つの大戦下、ロシアでは時代がどのように映像化されたのでしょうか。
映画黎明期に生きているかのような昆虫の動きで人々を驚かせた鬼才ヴワジスワフ・スタレーヴィチの人形アニメ、対ナポレオン戦争勝利を背景とする古典作品原作から100年後の映像化、シクロフスキーやオレーシャらソ連文学の巨匠と協働したアブラム・ローム監督の戦争映画などを手がかりに、時代と映画の関わりについて考えてみます。
f0169942_12552439.pngf0169942_1255375.pngf0169942_12555475.png

***(2)***********************
「DVDで見られる映画」の会 【第19回目】 のお知らせ
****************************


3月29日(日) 16時~

イオセリアーニ『歌うつぐみがおりました』(1970)
f0169942_12275548.png

ソヴィエト・ヌーヴェルヴァーグともいわれるソ連の雪解け期に生まれた名作群を代表する作品。

オペラ劇場で働く若きティンパニー奏者の日常は何かと忙しい。友達や彼女や知り合いやとあちこちに呼ばれ、招かれ、大忙し。

家には、楽譜が真っ白なまま、作曲を夢見る彼の帰りを待っている…
場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
嶋田惠子(ひさご亭遊花)さんよりのお知らせ

ギャラリーでも何度か無声映画上映会をした時、弁士をつとめられた
ひさご亭遊花さんから「春の語り芸」出演の案内が届きました。
f0169942_15251762.jpg


このたび、「上方芸能」主催の『春の語り芸』に出演することに

なりました。

よろしければぜひお越し下さいませ。全席指定で申し込み先着順に

なっています。お会いする機会がないかと思いますので、直接

上方芸能にお申し込みいただければ幸いです。



お越しをお待ち申し上げております。



               嶋田惠子(ひさご亭遊花)
[PR]
# by gallery_kinoko | 2015-02-27 15:25
2月28日(土) 16時~

ロシア・アニメの世界

かわいく、楽しく、人生を少し見直してみるちょっと哲学的スパイスの効いたソ連のアニメたち。

大人になって、より深く見えてくるものがあるのです。



鑑賞作品:『プロスタクヴァーシノ村の3人組』
f0169942_16374876.png
2

『ソ連版くまのプーさん』
f0169942_16412498.png

[PR]
****************************
「DVDで見られる映画」の会 【第16回目】 のお知らせ
****************************

日時: 12月28日(日)14時~

 (通常より開始時間が早いのでお気を付けください)



作品 アントン・ボルマトフ監督『シンデレラ 現代版』(2012 ロシア)

 字幕なし、日本語解説付き



内容

 田舎から上京し、セレブな豪邸でハウスキーパーとして働くマーシャは、アイドル歌手のアレクセイに恋するごく普通の乙女だった。

そんな時、彼がある特別なパーティーに参加すると知った彼女は、ゴシップ誌の編集として働くおとぎ話の魔女のような叔母に助けてもらい、招待券を入手する。

ただし、そこには条件があった。12時には帰ること、そしてアレクセイのスクープを取ること。はたして彼女はシンデレラになれるのか?
[PR]
f0169942_15333411.png

****************************
「DVDで見られる映画」の会 【第15回目】 のお知らせ
****************************

日時:11月22日(土)16時~
ミハイル・チアウレリ監督 『ベルリン陥落』(1949) 音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ

ソビエト連邦のカラー戦争映画。いわゆるスターリンの個人崇拝を強化するプロパガンダ映画のため、スターリン批判以降、ソ連国内での上映は行われず、90年代になって再発見された作品。

スターリン期のソ連を知る上で貴重な作品であるだけではなく、スターリン、ヒットラーの荷姿を作る特殊メイクや戦闘シーンの音楽の使い方など映画の手法としても様々な工夫がさりげなく行われていて、改めてソ連映画の複雑さがうかがい知れる。

f0169942_1534146.png


[PR]
# by gallery_kinoko | 2014-10-29 15:38
f0169942_13253373.png

****************************
「DVDで見られる映画」の会 【第14回目】 のお知らせ
日時:10月25日(土)16時~
****************************

ヴィタリー・カネフスキー監督『ひとりで生きる』(1992)

 イギリス・フランス・ロシア合作

『動くな、死ね、甦れ』に始まる三部作の第二部。
[PR]
# by gallery_kinoko | 2014-10-27 13:26
f0169942_6284562.jpg
[PR]
# by gallery_kinoko | 2014-09-24 06:28
f0169942_1384553.jpg

イーゴリ・マスレンニコフ監督『シャーロック・ホームズとワトソン』1979

意外?にも、正統派ホームズ、世界に名高いソ連版の名画です。

主演のワシーリー・リヴァーノフは英国女王より大英帝国名誉勲章を受けたとか。

『交流』(『まだらの紐』)『血の署名』(『緋色の研究』)など


日本語解説付き。

日時:8月3日(日)15時~


資料代:1000円、学割:500円


場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
ギャラリーきのこ 7月
1)「DVDで見られる映画」の会 第11回目】 のお知らせ
日時:7月12日(土)16時~
2)阪神百貨店梅田本店 きのこフェスティバル2014参加
日時:7月2日(水)→7日(月) 8階催場 (最終日午後6時まで)
***************************************************************************
マルレン・フツィエフ監督『七月の雨
f0169942_1394135.jpg

今回取り上げる作品も、DVD日本未発売!

雪解け期のソヴィエト・ニューウェーヴ代表作。

知る人ぞ知る『私は二十歳』(原題『イリイチの哨所』1966)の“後日談”ともいえる幻の名画です。



日本語解説付き。

日時:6月12日(土)16時~

資料代:1000円、学割:500円


場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋

阪神百貨店梅田本店 
きのこフェスティバル2014参加


日時:7月2日(水)→7日(月) 8階催場 (最終日午後6時まで)
f0169942_15303798.jpg
[PR]
**************お知らせ*******************************************

   ギャラリーきのこ 6月

「DVDで見られる映画」の会 第10回目】 のお知らせ



***************************************************************************

日時:6月14日(土)16時~
f0169942_1345299.png 今回取り上げる作品は
日本未公開
ゲオルギー・ダネリヤ監督『ミミノ』(Георгий Данелия “Мимино”/ 1977 / ソ連)
グルジア語で「鷲」を意味する「ミミノ」。そうあだ名されるグルジア人でヘリコプターのパイロットヴァリコ・ミザンダリが、モスクワに行き、夢にまで見たジェット機のパイロットになって経験する珍騒動。

雪解け期の金字塔『私はモスクワを歩く』や超B級SF『不思議惑星キン・ザ・ザ』のダネリヤ監督が故郷グルジアをテーマに手掛けた傑作コメディ。



日本語解説付き。



資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
[PR]
ギャラリーきのこ 5月10日(土) 16:00~

「DVDで見られる映画」の会 第9回目 のお知らせ

***************************************************************************
日時:5月10日(土)16時~



今回取り上げる作品は

アレクサンドル・ソクーロフ監督『ファウスト』2012年

Постер к фильму "Фауст"
f0169942_555493.png



資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋


ギャラリー きのこ」主催
第3回 無声映画を楽しむ会のご案内

作品  『御誂次郎吉格子』(1931)  
監督  伊藤大輔
主演  大河内伝次郎
弁士  ひさご亭游花

日時  2014年5月18日(日) 午後3時 上映会
               午後5時 懇親会
場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
会費  上映会 1,000円  懇親会 1,500円
定員  15名 

[申し込先]  扇千恵 fax. 0795623651 mail. chie@kih.biglobe.ne.jp
  定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早目にお申込みください。
[PR]
**************NEW!お知らせ*******************************************
   ギャラリーきのこ 4月 
「DVDで見られる映画」の会 第8回目】 のお知らせ

***************************************************************************
日時:4月26日(土)16時~

今回取り上げる作品は

ロネ・シェルフィグ監督『幸せになるためのイタリア語講座』(“Itarian for Bigginers”/ 2000 / デンマーク)

f0169942_2132512.jpg


資料代:1000円、学割:500円
 場所: ギャラリーきのこ ・秘密の小部屋
※ 講師の都合により、当日取り上げる作品がソクーロフ監督『ファウスト』になることもあることをお断りしておきます。

ご了承ください。

*******************


新たな場所、形で活動するギャラリーきのこです

≪ロシア・ソヴィエト映画特集 in 関西≫



国際交流基金の招聘で来日されるマクシム・パヴロフ氏の講演会を行います。

ソ連の貴重な映画上映もありますので、ぜひお出かけください。

講演はいずれも無料、

映画は京都は無料(DVD上映)、神戸は有料(フィルム上映)です。



【京都】場所:元立誠小学校(最寄駅:阪急四条河原町)

立誠小学校シネマプロジェクト

▼ 3月21日(金・祝)

12:30〜 『七月の雨』(無料)



14:30~16:00  マクシム・パヴロフ氏講演

「ソヴィエト・ヌーヴェル・ヴァーグ-雪解け期の知られざるソ連映画」



聞き手:伊藤順二(京都大学・コーカサス近代史)、小川佐和子(京都大学・映画史)

司会:楯岡求美(神戸大学・ロシア演劇) 通訳:西田容子



主催:国際交流基金

共催:神戸大学国際文化学研究科メディア文化センター

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



【神戸】場所:神戸映画資料館(最寄駅:JR新長田)

▼ 3月22日(土)・23日(日):公演は22日のみ



ロシア・ソヴィエト映画 連続上映

第8回 サイレント黄金時代とエルムレル



((((((上映時間の訂正))))))

チラシに誤字がありました。訂正してお詫び申し上げます。

3月22日(土)

正 = 17:30「新バビロン」 誤 = 17:30

「呼応計画」

http://kobe-eiga.net/schedule/2014/03/



* 「帝国の破片」と「新バビロン」の上映スピードは18

コマ(1秒間に進むコマ数)を予定していましたが、試写の結果

16コマが適切であると判断しました。それにより上映分数が予定より長

くなります。

休憩時間の短縮等の処置でタイムテーブルに大きな変更は無い予定です

が、ご了承ください。



■ 上映作品

「帝国の破片」

(1929/100分[18コマ]→112分[16コ

マ]/無声/35mm)

東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

監督:フリードリヒ・エルムレル



「新バビロン」

(1929/102分[18コマ]→115分[16コ

マ]/無声/35mm)

東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

監督・脚本:グリゴリー・コージンツェフ、レオニード・トラウベルグ



「呼応計画」

(1932/110分/35mm)

監督:フリードリヒ・エルムレル、セルゲイ・ユトケーヴィチ



主催:神戸映画資料館、アテネ・フランセ文化センター



詳細

http://kobe-eiga.net/program/2014/03/#a002125



▼ 3月22日(土)

講演:フリードリヒ・エルムレルとソ連無声映画の黄金時代

(1925-1930)

講師:マクシム・パヴロフ(国立中央映画博物館 副館長)

主催:国際交流基金

共催:神戸大学国際文化学研究科メディア文化センター



詳細

http://kobe-eiga.net/event/2014/03/#a002126
[PR]
≪ロシア・ソヴィエト映画特集 in 関西≫

国際交流基金の招聘で、

モスクワのロシア国立映画博物館の副館長が来日され、

それにあわせて、日本ではこれまであまり知られていない、

エルムレルのサイレント作品と60-70年代ヌーヴェルヴァーグにスポットを当

て、講演会とあわせて上映を行います。



京都(映画・講演とも無料です)

3月21日(金・祝)) 京都・旧立誠小学校 シネマ

http://risseicinema.com/info (近く、情報掲載になると思います)

12:30 『七月の雨』

14:30 「ソヴィエト・ヌーヴェル・ヴァーグ ―雪解け期の知られざるソ連映

画」

  講演:マクシム・パヴロフ

  聞き手:伊藤順二(京都大学・コーカサス近代史)、小川佐和子(京都大学・映

画史)

 司会:楯岡求美 通訳:西田容子



神戸(映画上映は有料です)

3月22日(土) 神戸映画資料館

http://kobe-eiga.net/event/2014/03/#a002126

 11:30『呼応計画」

 13:40『帝国の破片』

 15:40 「フリードリッヒ・エルムレルとソレン無声映画の黄金時代(192

5-1930)」

  講演:マクシム・パヴロフ

  司会:楯岡求美  通訳:熊見直子

 17:30『新バビロン』

(3月23日にも上映会あり)



東京

3月23日(日)に

アテネ・フランセーズで関連企画があります。

こちらは日本初演のヌーヴェルヴァーグ作品、『愛する』を上映します。

http://www.athenee.net/culturalcenter/program/s/s2014t.html

3月23日(日) 17:30-上映「愛する」(73分)

18:45-トーク「ソ連の知られざる雪解け文化と映画」

出席:マクシム・パヴロフ(ロシア国立中央映画博物館副館長)、沼野充義(ロシア

東欧文学研究者)、池田嘉郎(近現代ロシア史研究者)

*13:00から整理券を配布 無料



(当日、他にも13:40-「一年の九日」(100分) 15:50-「モスクワを歩く」(73分)

 の上映があります。こちらは有料です。)

*******************
[PR]
←menu